La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


≫ EDIT

夏の事件簿

今年の夏は猛暑でしたね。

暑いのが苦手なレイチェルは、
毎日のうだるような暑さにかなり体力を奪われていました。
そんななか、心霊系のちょっとした事件に
巻き込まれることになったのです。


怖いのが苦手な方は、
これ以上、読み進めるのは止めましょう。

ここで素直にページを閉じましょうね。

忠告しましたからね。




猛暑が続くなか、真昼間に移動していると、
なんか嫌な感じの違和感を感じました。

暑さで体力が落ちていたこともあり、
そのへんにいた浮遊霊の波動をひろったようでした。
いつもなら、同情は禁物なので
そのままバッサリ断ち切ってスルーして行くのだけれど、
その日出会った霊が昔の自分に少しだけ似ていたことから
その気持ちも分かるし、なんとかしたいと思ってしまったんです。

そんな隙を作ってしまった私に落ち度があるのですけど、
少し話をして2-3日で離れるかなと思いきや、
どんだけ私のエネルギーを持って行くんじゃってほど
吸い取られまして、、、。

比較的前向きで強気な私が、弱気になるくらい影響が出たんですよ。

昔の自分に似ている部分があって無下にできないという弱みを
最大限利用されて居続けられました。
それも私の視界にギリギリ入るか入らないかという絶妙な距離に。

辛い、悲しい、憎い、妬ましいという負のエネルギーが
渦巻く中、それをゼロに近づけることができれば
本人も少しは本当の気持ちに気づけるかもと
私としては光の方向へ橋渡しできればと思っていたのだけど、
甘かったわ。

実のところ本人はそれを望んでいなくて
(というかまたそんな段階にすらなれていない状態だった)
ただ同じ穴に落とす仲間が欲しいだけでした。

つまり、苦しい思いをするのが自分だけなのは嫌。
みんな同じように苦しめばいいってことね。

でも、それって誰も幸せになれないんだよな。

次第に負のエネルギーは強くなり
夏バテした私へのあたりがキツクなっていきます。
やはり、そこに居るだけで少しずつ消耗していきます。

生きていてもいいことなんてないよ。
誰もわかってくれない。
やっても上手く行かないよ。
早く死んだ方がいいかも。

ふとした拍子に耳元で何度も囁かれる嫌な考えに
暗い気持ちになり、はたと気つく。

ちょっと待て。おかしい。
これは、私の感情や思考じゃないぞ。
じゃあ、誰の?

アイツだ!

私が甘い態度だったから、
日に日に侵食しようと傍らから試みていたようです。

向こうも本気ですから。
こっちも本気出さなきゃやられる。

わぁー最悪だ。(@_@。
誰だよ、こんなの連れてきたヤツ。→私だ。orz

時間をかけて相手が変わるのを待っていたのですが、
私の善意を悪意で返した相手に
これ以上付き合う時間はないということで、
問答無用でバッサリ除霊することにしました。

当初は、説得しての浄霊を目指していたんだけれど
さすがにこの状態が長く続くと私の体力ももたないし、
全体が侵食されることはないとしても
気持ち悪さとイライラに辟易していたので。

ああ、本当、余計なことに首突っ込むもんじゃないなと
反省しました。


エンパスの自覚がある方、
感受性が豊かな方、
自分のことより相手のことを思いやる方は、

気をつけましょう。


自分の感情や思考と思っているものの中に
他の人の感情や思考が混ざってないか?

他人に感情移入しすぎていないか?

境界線はしっかり引いておきましょう。

なにはともあれ、同情は禁物です。

そうそうないけど、こんなケースも稀にあるということで。

今回、久々にマントラ唱えたり、九字を切った私。
最近は心霊系と縁はあまりないの、うふ。
と安心しきっていただけにびっくらこいたな。はぁっ。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。



| スピリチュアル | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

季節感

17時40分頃、外へ出たら三日月が空に浮かんでいました。

ちょっと前までは同じ時間帯でも結構明るかったのに

暗くなるの早くなったなぁと実感。


今日は意外にも夏日でしたが、

季節は秋へと移って行ってるんですね。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。


| つぶやき | 20:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋のお彼岸

秋分の日。


20170923

秋のお彼岸ということで、おはぎを満喫中。

おはぎ好きなレイチェル、理想のこしあんを求めて
今回お店をはしごしてみましたっ!

写真左側が、伊勢丹地下階にあるサザエ食品のおはぎ。
写真右側が、フォーリス1Fにある青木屋のおはぎ。

サザエ食品のおはぎは、こしあんがたっぷりのっていて
食べ応えがあります。

また買ってこようっと♪


logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。


| つぶやき | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小人ちゃん登場

誰しも優位な感覚というものがあって、
視覚タイプ、聴覚タイプ、感覚タイプに
分けられるといわれています。

それゆえ自分専用のおまじないは、
本人の優位な感覚にあったものがいいよねと
考えていたレイチェルです。

今回、私が想定していないところからのサポートがありまして、
3人の小人ちゃん(精霊?)登場でした。


20170922小人ちゃん

視たイメージをイラストにしてみました。
似てるけど、少しずつ違うのよね。

描いている途中、本人より何度もダメだしが入る。
難しいのよ。
久々のペンタブだから言うこときかなくて。

衣装の色分にて、
水色が視覚、緑が聴覚、ピンクが感覚担当となってます。

ちなみに性別は中性。


それぞれの感覚をサポートしてくれる小人ちゃんたち。

一人で全部抱え込まないで、
宇宙との共同作業ということを思い出して
おまじないを使ってくださいね。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




| お茶会 | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢で逢えたら

たまに友達の身内(故人)が私の夢に登場して
メッセージを残していくケースがあります。

夢を使うのは、いきなり普通に現れると
私が警戒して相手にしないことがあるのと
面識がない場合無視される可能性があるから。

でも、夢なら変な夢見たなで済ますこともできるし、
メッセージ性のあるものなら本人に届くこともあるだろう
という計らいのよう。

そんな夢に最近では友達のペットが登場するようになりました。

もちろん、メッセージを携えて・・・。

ペットといっても家族同然に暮らしていた仔たちなので、
犬も猫も友達のことを気にかけているんですよね。

比較的、逢ったことのある仔たちなのが幸いです。

そんなに気にかけてもらえるなんて
みんな愛されてるなぁと思わずにはいられない。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・Skype・Skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。


| スピリチュアル | 07:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT