La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感謝

今日は朝から雪の舞う大晦日となりました。

雪を見ながら一年を振り返えり、思うことは色々あれど、

後にも先にもあるのは感謝です。

語り始めると長くなりそうなので、今日は短くまとめます。(笑)

今年もありがとうございました



| つぶやき | 14:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば、愛しきチーズサンド

以前、こちらのブログでもご紹介したたなか菓子舗のチーズサンド
今回の帰省中に食べようと心待ちにしていました。

そこで、チーズサンドを買いに浜脇に行ってみるとお店が閉まっています。
年末だからかなと近づいてみると……

お店の出入り口には、

「47年間の愛顧ありがとうございました。
当店は2012年11月30日を持ちまして閉店いたしました。」

との張り紙。

それを見て、しばしの沈黙。

もう食べれない。あのチーズサンドが永遠に……

今年の2月に食べたのが最後になってしまいました。
すごく美味しくて、楽しみにしていたんですよ。

私、たなか菓子舗のチーズサンドと最中が大・大・大好きでした。

慣れ親しんだお店が消えていくのは寂しいですね。
とくに子供の頃から食べているとなおさらです。

橋の袂のおはぎ屋さんのおはぎ。
たなかのチーズサンド。

もっと多くの人に食べてもらいたかったなぁ。

ちょっと切ない年の瀬です。


たなか菓子舗
たなか菓子舗@別府
さらば、愛しきチーズサンド



| お店 | 14:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

増刷しました♪

先日発行した『君がおしえてくれたこと1』の印刷製本版を増刷しました。

ぜひ読みたい!とのお声をかけていただいた皆様、
ありがとうございました。

若干在庫に余裕ができましたので、
本書を紙で読みたいと思っていた方はこの機会にどうぞ。

印刷製本版は、レイチェルと直接お逢いする機会のある方に
優先的に販売しています。

ご希望がありましたら、お問合せください。


ちなみに電子書籍版はDL-Marketにて発売中です!

遠方の方、今すぐ読みたい方は、コチラからどうぞ。


ということで、ただいまシリーズの表紙を完成させたとこ。

気分が乗っていたのでイメージがおりてきたもの全部作ってみました。

なかなか良い出来です。次号も乞うご期待!



| つぶやき | 15:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八幡朝見神社2@別府

三つ目(だったかな?)の鳥居の奥には、夫婦杉が待っています。


20121227Asami_06
夫婦杉

結構立派な木なんですよ。
夫婦杉の両方に挨拶をして、その間を通らせていただきました。

そして、四つ目の鳥居をくぐり、その先のお手水で清めて、いよいよ拝殿へ。


20121227Asami_07
拝殿

境内では、新年を迎える準備が進んでいます。
拝殿の注連縄も新しくなっていました。

ここは、私にとって落ち着く場所。
諸々のお礼を伝えていると、中から祝詞を奏上する声が聞こえてきました。


20121227Asami_08
本殿

拝殿の奥にまわると本殿があります。
ここは大きな神社ではありませんが、造りが綺麗だなと思うんです。


20121227Asami_09
御神木

拝殿の横にある御神木は、樹齢千年の大楠木。
元気そうで何よりです。

コンタクトをとっていると大天狗さん以外に龍もいることが判明。
そうだったのねぇ~と新しい発見に繋がりました。


そういえば、一つ目の鳥居を通った時、頭の上で何かの足がブラブラしていて
「何かな?」と思って見上げると、そこには鳥居に腰掛けている小天狗が。
どうやら番をしているみたい。

年始にはその数が増えるのか気になるところです。

その帰り道、朝見神社から続く光の道(龍脈)の先にある輝いた場所見つけて
立ち寄ってみると……別の神社がありました。

へぇ、ここに繋がっているんだと不思議な感じ。

往復2時間ほどかかりましたが、徒歩で行った甲斐がありました。(笑)
帰宅後、眠気が襲ってきてそのままソファで横になる。
適度な運動をしたせいか、神社で大きなエネルギーに触れたせいか、
どっちでしょうねぇ。

そんな感じで、大天狗さんとのやりとりは夢の中での会談と相成りました。


八幡朝見神社
八幡朝見神社1@別府
八幡朝見神社2@別府



| 九州地方 | 18:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八幡朝見神社1@別府

別府の守護であり、別府温泉の総鎮守でもある八幡朝見神社へ。
八幡朝見神社は、朝見神社の名で親しまれています。

事の発端は、休暇前に大天狗さんの使いがやって来て
「家に帰ったら、かち(徒歩)で参られよ」と伝言残していったことから。

徒歩って言った?いやいや、あの~片道1時間弱かかるんですけど。
しかも、アレ持って行ってと別のTAXI案件でゲットしたアイテムを所望。
気さくな人柄、いや天狗柄だけど、人使い荒いよねぇ。

今回ちょっと色々とお世話になっていたので、そのお礼もこめて
いつも車で行っているところを、今回はめずらしく徒歩で参りましたよ。


20121227Asami_01

朝見川に架かる朱塗りの橋を渡ると朝見神社の参道が見えてきました。

一つ目の鳥居と二つ目の鳥居の間には十二支の石がはまっています。
ちょうど巳に差し掛かったときに、それに気が付いて入口に戻り
十二支を全部見つけて撮影しました。(笑)

その中から今年と来年の干支をご紹介します。


20121227Asami_02
2012年の干支「辰」


20121227Asami_03
2013年の干支「巳」

他の干支は、参拝の際のお楽しみに探してみてください。

二つ目の鳥居をくぐって敷石の参道を進むと瓢箪石と盃石が
迎えてくれます。


20121227Asami_04
瓢箪石


20121227Asami_05
盃石

子供の頃、よくこれを探して歩いていました。
正月は参拝者で込み合っているので、なかなか探すのは大変なんです。
まぁ、でも人だかりができているので分かりやすいかな。
たどり着けるかどうかは別として……。

そんな参道を進んでいくと、次の鳥居があります。
その先にお稲荷さんを見つけて、こんなところにあるなんてと近づき、
手を合わせ、写真とっていいか聞いてみたら「ならぬ」とのこと。

珍しくお断りされましたが、なんでダメなのかの理由は後で判明したので
納得です。確かにそれはダメかもねぇ。お気遣いいただき感謝です。

長くなったので、次に続く。


八幡朝見神社
八幡朝見神社1@別府
八幡朝見神社2@別府



| 九州地方 | 23:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT