La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一蘭

長浜系とんこつの六角堂は、ソウルフードとしてキープしていますが、
それ以外にたまーに食べたくなるのが関東にも多く出店している一蘭です。

長浜系のとんこつとはちょっと違う独特の味なんだけど、気になるんですよね。
そして、思い出したかのように食べに行っています。

オーダーシステムも席も独特ですが、その日の気分で自分で調整できるのはいいな。

2013Ichiran


ちなみにこの日は、下記のようにオーダー。

味の濃さ:濃い味
こってり度:こってり
にんにく:基本
ねぎ:青ねぎ
チャーシュー:あり
秘伝のたれ:基本
麺のかたさ:かため

麺は極細なのでのびないように少なめです。
だからか、ここにくると半替え玉しちゃうことが多いです。
(替え玉150円 半替え玉100円)

からし高菜はないけれど、これで結構ピリ辛です。
ラーメン一杯、790円という値段がちょっと高く感じますが、
都内は地方より物価が高いからどこもこんな感じなのかな。

私の地元のラーメン屋では500~600円台が主流なので、
そう思うのかもしれません。



| お店 | 19:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PCメガネ

目の疲れが軽減されるというので、PCメガネを買ってみました。

2013PCG

度なしのハイコントラストレンズ。薄くブラウンに色づいています。
私にしては珍しい色をチョイス。赤ですよ、赤。
そして、レディースのフレームやUNISEXのフレームもかけてみたんですが、
私にはちょっと大きかったので、JINS PC for Kidsになりました。
機能的には変わらないみたいなので、サイズが合えばいいかなと。

普段から眩しいのがイヤで明度やコントラストを落として使用していますが、
PCメガネでどう変わるかなと気にしつつ、ちょっとかけてみたところ、
眩しさは抑えられ画面が心持ちくっきりしているような気がします。

あら、なかなかいんじゃない?

ということで、これからの働きに期待中。



| つぶやき | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

六角堂@中央林間

久々に美味しいとんこつラーメンのお店を見つけました。
中央林間にある六角堂です。

2013Rokkau

麺は極細。もちろん、硬さは選べます。私はバリカタを選択。
そんなに麺の量はそんなに多くないです(一蘭よりは多い)。替え玉してもいいかも。
スープは、あっさりとこってりの中間という感じですが、濃い味でいい感じ。
テーブルにからし高菜も置いてあり、辛みが効いています。

一口食べ、久々にヒットだねぇ~とリピ決定。

気になるお値段は、ラーメン一杯、650円。替え玉100円。
ランチタイムは替え玉50円のサービスタイムあり。

いつもラーメンを食べているわけではないので行く頻度は少なめですが、
長浜系のとんこつが好きなので、長く続いて欲しいなぁと思います。



| DIVERTIMENTO | 18:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今、ハマッってます!

今、私がハマッているもの。
それは、キッコーマンの「うちのごはん」シリーズ!

材料を1~2品加えるだけで、簡単に作れちゃう和風料理の素です。
試しに買ってみて、便利だったので揃えちゃいました。(笑)

2013UchinoGohan

時間がないときとか、あと一品というときにすごく威力を発揮してくれます。
自炊している方、主婦(夫)の方、共働きの方の強い味方だと思いました。
そういうのは一切使わずイチから作られるという方は、どうぞスルーしてくださいね。
私は基本的に家事が嫌いなので大助かりです。

なぜ私が家事嫌いになったかというと、子供心に女性だからできて当然と言う考えに
疑問を覚えたからです。女性だろうが、男性だろうが、関係ないだろう。
自分のことは自分でしろよ、と。
だから、嫌いだけど苦手ではないので一応できます。
でも外注するとしたら、家事だなと常々思っています。はっはっはっ(笑)

個人的には、誰かと一緒に生きていくのなら、お互いの協力は必須だと思っているので
お互いにカバーし合える関係だといいですね。

……というところで、話を元に戻して。

先日、「揚げだし豆腐のみぞれあん」を使ってみたんですが、豆腐を加えるだけ。
それはまさに丸美屋 麻婆豆腐を髣髴とさせるフレコミ。
でも、揚げ出し豆腐なのに、揚げないという。
いったいどうなってるの?と半信半疑で試してみたら、あ~ら不思議。
ちゃんと「揚げだし豆腐のみぞれあん」が完成しました。
揚げなくても揚げだし豆腐が作れるのねぇ。

普通に揚げだし豆腐を作ると結構油ハネしますよね。
それがイヤで私は作る気にならず。
でも、「うちのごはん」なら気軽に作れる!油ハネも気にならない。
いいじゃないか♪、と揃えちゃったわけです。

しかも、「うちのごはん」シリーズは酒の肴にもなります。(笑)
そっちメイン?いえいえ、おかずですよ。



| DIVERTIMENTO | 19:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸福度

赤ちゃんや小さい子どもがとても楽しそうに、幸せそうに見えるのはどうしてかな?
と考えたことがあります。

で、思いついたのが、「ありのまま、本能のまま好きなことをしている」から。

赤ちゃんも小さな子どもも自分の欲求に素直です。
誰かに強制されたわけでもなく、笑いたい時に笑って、泣きたいとき泣いてと
感情を出しています。

これぞ究極、「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い」ですよね。

ところが、3歳位から周りの状況を読み取れるようになると
少しずつ大人の顔色を見るようになります。
こうすると大人が喜ぶから、これをすると怒られるからと
どこかで考えるようになるんですね。
幼稚園、小学校とあがるにつれ、さらに判断基準が増えていきます。

「正しいか、正しくないか?」

自分の「好き・嫌い」で判断していたものに、
ルールや周りの言い分に合わせて「正しいか、正しくないか?」で
判断する基準がプラスされるんです。
学生のうちは、良くも悪くもルールに縛られますよね。

さらにお小遣いをもらったり、お年玉をもらったり、バイトしたりして
お金を得るようになると、「損か得か」という基準がプラスされます。
こうして色んな基準がプラスされ、ひとたび社会に出て仕事をするようになると
損得で考えるウエイトが増えるように思います。
とくに会社は利益を追求する団体ですからね。会社員としては仕方ないかも。


自分が何を基準に選んでいるか、見つめてみるとおもしろいですよ。

A:たとえば、買い物に行って、自分の好きなものを買おうと思ったけれど、
流行かどうか考えて、流行のものを買っちゃう人は自分の好みよりも
「正しいか、正しくないか?」で判断しているのかもしれません。

B:たとえば、買い物に行って、自分の好きなものを買おうと思ったけれど、
もっとお得なものを見つけて、つい安い方を買っちゃった人は自分の好みよりも
「損か得か」で判断しているのかもしれません。

C:たとえば、買い物に行って、自分の好きなものを選ぶ人は自分の好みの
「好き・嫌い」で判断しています。
小さな子どもに選ばせるとほとんどこれになるでしょう。


誰が一番幸せだと思います?
自分の好きなものを選んだCじゃないでしょうか。
「正しいかどうか」「損か得か」など関係なく、自分のハートにしたがって
好きなものを選んでいます。

よく、自分の好き・嫌いの感覚は大切と言いますが、
それは幸福度に結びついているからなんです。

大人になるとどうしても難しくなる部分はありますね。
だって、そうやって順応して生きてきたのだから。

でもね、自分の好きなものを選んだ方が幸福度は高いんですよ。
それは自分が一番よく分かってるんじゃないでしょうか。
だけど、金銭的に限られているとか周りに合わせたいとか事情があって……
自分の感覚よりも他を優先してしまう。

そうやって我慢しているから、のびのびと自由にしている赤ちゃんや小さな子どもが
楽しそうに、幸せそうに見えるのかなと思いました。

たまには、そんな自分を解放させて自由に好き嫌いで選んでみる。
特に思いつかない人は、「何を食べたい?」「何を飲みたい?」「何を着たい?」など、
すぐできそうなところから。

もし制限のある中で選ぶなら、その中で好きなものをというように。

幸せは、そんな一歩から始まると思いますよ。



| メッセージ | 21:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT