La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



La sabbia d'argentoでは、「あなたがあなたらしく生きる」ための
スピリチュアルセッションを提供しています。

現在、2017年4月までのセッションご予約受付中です。


★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。



★龍の宴

2012dragon_kyoto


☆       ☆       ☆




★著書 『君がおしえてくれたこと』

発達障害の子どもがどんなふうに成長していくのか?

笑いあり、涙あり、毎日が山あり谷あり。
そんな家族の日々を姉目線で描いたノンフィクション・エッセイです。

弟はほんの一例に過ぎませんが、
「こういう子もいるんだな」ということを伝えたくて……
何かの参考になればと思い執筆しました。

家族の愛と絆の物語。

お手にとって読んでもらえたら、嬉しいです。


★4部作が完結しましたので、電子書籍版のセット販売を開始しました。
『君がおしえてくれたこと全4巻セット』の場合、通常4冊800円が500円にて購入できます。

君がおしえてくれたこと全4巻セット

君がおしえてくれたこと全4巻セット
著者:Rachel
言語:日本語,Japanese
電子書籍: 297ページ(表紙含む)
商品の体裁: B6判 縦書き
形式:PDFファイル
定価:500円(税込)
商品詳細を見る

DLmarketで購入


2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青島神社@宮崎

鵜戸神宮を参拝し終え、「さあ、どうする?」とパートナーと相談です。

予定では宮崎市へ戻ってチキン南蛮2軒目なんですが、まだお腹は空かないし、
時間もあるし青島神社へ寄って行く???

う~ん。と迷うほど暑いんです。
でも、これだけ呼ばれてるしなぁ。めったに来れないところだから、行ってみようかと
国道220号を青島方面へ走らせて、40分くらいで到着。

駐車場に車を止め、一歩外に出たらうだるような蒸し暑さになってました。
さっきよりも強力な暑さに決心が鈍りそう。日傘はさしてますけど、まさに熱風……。


201408Aoshima01

仲見世のようなところを歩いていくと、青島へと続く道が現れました。
ここから歩いて神社まで5~8分くらいですが、トゥクトゥクも走っていて
子連れの家族に人気でした。

ちなみにこの道より左側は青島ビーチです。
暑いなか、海水浴を楽しむ人で賑わっていました。


201408Aoshima02

橋の先に鳥居も見えてきました。
こんなふうに橋を渡って島へ行く感じは、江の島@神奈川と似てますね。


201408Aoshima03
鬼の洗濯板

青島の周りには、鬼の洗濯板と呼ばれる階段状の岩が続いていました。


201408Aoshima04
青島神社の碑

橋を渡って青島につきました。砂浜を歩いて神社へ進みます。


201408Aoshima06
青島神社

第一印象は「明るい」でした。


201408Aoshima05
お手水

こちらには龍がいますね。


201408Aoshima07
青島神社

やっぱり、明るくて綺麗な感じがします。


御祭神は
彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)
豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)
塩筒大神(シオヅツノオオカミ)
とのこと。

本殿左と右に小さな社があり、それぞれ山の神・海の神を祀っています。

左:石神社(いそじんじゃ)、山の神を祀っています
彦火瓊瓊杵命(ヒコホノニニギノミコト)
木花咲屋姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
磐長姫命(イワナガヒメノミコト)

右:海積神社(わたづみじんじゃ)、海の神を祀っています
豊玉彦命(トヨタマヒコノミコト)
少彦名命(スクナヒコナノミコト)


今回の旅には共通の神様がずらりですね。

ご挨拶をしてお参りをしていると何かに呼ばれるような感じがします。
声の主を辿ると向こうには元宮があると判明。


201408Aoshima08
元宮@青島神社

呼ばれた元宮へ行ってみると、「ああ、ここだ」と腑に落ちる感覚。
こればっかりは説明できません。

早速、狭野神社で託されたものを渡します。

「確かに受け取りました。ありがとう」

それを聞いて、これで無事TAXIも終了と思うものの、
なぜ呼ばれたのかさっぱり分からない。(笑)

呼んだ割には何事もなく終わった感が満載でして……
つつがなく参拝を済ませ青島神社を後にすることになるのですが、
呼ばれた理由が分かるのは旅行から戻ってから。

それもサラスヴァティーの音と共にもたらされたのでした。
やっぱり色んなところでつながってるのねとしみじみ思うレイチェルです。



鹿児島・宮崎の旅
日本全国制覇達成!
知覧特攻平和会館@鹿児島
死にゆく者から生ける者へ@知覧特攻平和会館
ざぼんラーメン@鹿児島
黒かつ亭@鹿児島
謎の○○@鹿児島
佐多岬@鹿児島
桜島@鹿児島
旅行人山荘@霧島温泉
丸尾滝(まるおのたき)@鹿児島
霧島神宮@鹿児島
狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎
おぐら本店@宮崎
鵜戸神宮@宮崎
青島神社@宮崎
ビストロ・アデン@宮崎



| 九州地方 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鵜戸神宮@宮崎

日本三大下り宮のひとつとされる鵜戸神宮にやって来ました。

宮崎はものすごく暑いよ~と友達に聞いていましたが、
日南は駐車場に車を止めて、外へ出ると一瞬でくらっとくる暑さです。

まずは案内板のところへ。


201408Udo01

今、私たちがいるのはA地点の駐車場。
地図によるとAからBへ続く下り階段があり、それが鵜戸神宮の入口まで続いています。
しかしながらこの地図、距離が全く分かりません。
規模は分からないけれど、どう見てもひと山越える感じです。

車から降りて、数分も経っていないのに既に暑さでふらふらな私。
階段下りたら帰りは当然昇るのよね?
しかも下り宮だから、入口からさらに下るよね?
この暑さの中、行って帰って来れるのだろうかと不安が渦巻く。

「Bにも駐車場があるみたいだから、車で行ってみる?」

パートナーのその提案に一も二もなく「行く」と即答した私。
海岸線をぐるっと周ってBに行ってみると、奇跡的にも駐車場が空いていました。
日頃の行いの良さが……(笑)
いえいえ、ホント近くに止められてラッキーでした。

ちなみにBへ続く海岸線は一部狭くて離合できないところがあるので、
お互い譲り合いが必要な道です。お気をつけて。
※駐車場はBが一番近いけど、AとCにもあります。


201408Udo02
神門@鵜戸神宮

朱塗りの神門。
行ってみたかったお宮さんなので、少しワクワクしています。

ちなみに写真には人が写っていませんが、平日にもかかわらず人が結構いました。
タイミングを見計らって撮影しています。

私が撮影していると家族連れやカップルが宮崎の案内図を見ながら、
「近くに青島神社もあるね」
「何があるんかね?青島神社」
「青島神社か、テレビ出とったね~」
と、なぜかこれ見よがしに連呼します。(笑)

ここに来て3回ルールがツモった!?
……実際には3回といわず、5~6回聞きましたけど。
なぜだかよく分からないけれど、お呼びがかかっています。
でも、暑いんだよね~と迷う私。

とりあえず、先に進もう。


201408Udo03
楼門@鵜戸神宮

神門の次に現れたのは、楼門。
こちらも造りが見事です。

全体像を撮りたかったけれど、人が入ってしまうのでこんな構図になっています。


201408Udo04

鵜戸神宮は海岸沿いにあるので、素敵な景色が見れます。


201408Udo06
お手水

うさぎをあしらったお手水。
よく龍とか亀とか見ますけど、うさぎは初めてです。
鵜戸神宮は「卯」と縁が深いのですね。


201408Udo05
千鳥橋@鵜戸神宮

千鳥橋を渡るとまた一歩下り宮に近づきます。
眼下には日向灘が広がり、奇岩も見えます。


201408Udo07

そういえば、運玉の碑がありました。

下り宮までの道を歩きながら女性向きなエネルギーが流れているのを感じていたんですが、
なんせ暑くてそれどころじゃない。エネルギーは受け取りつつも、バテ気味で進んでいました。


201408Udo08

玉橋を渡り、下を見ると本殿のある洞窟へと続く鳥居と霊石亀石が見えました。
緑色の屋根は運玉売り場、その横の人だかりは運玉にチャレンジしている人たちです。

運玉も気になるけれど、まずは鳥居をくぐって洞窟内へ。


201408Udo09
鵜戸神宮本殿

しっかりとした社殿がそこにありました。
ご挨拶をしてからお参りをし、狭野神社で預かったものを渡そうとすると
「ひとつは受け取りますが、もうひとつはまだ持っていなさい」とのこと。

先ほど感じたエネルギーはここから来たもののようです。
洞窟は子宮にも例えられるので、それで女性向きなエネルギーを感じたのかもしれません。
女性にはとても良いパワースポットだと思います。


御祭神は日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)。
他に大日孁貴(天照大御神)、天忍穂耳尊、彦火瓊々杵尊、彦火々出見尊、
神日本磐余彦尊(神武天皇)など。

ちなみに鵜戸神宮は縁結び・夫婦和合・子授け・安産として慕われているようです。


201408Udo10
皇子神社

洞窟内にあったもう一つの社、皇子神社。


201408Udo11
撫でうさぎ

病気平癒関連飛翔などの願いがかなえられるとされています。
古くより「卯」とも御神縁がある鵜戸神宮は、毎月、初の卯の日に
御神威が高まるとされ、卯の日に御神事を行っているそうです。

洞窟の中には豊玉姫命が御子育児のため、両乳房をくっつけて行かれたと
伝えられる「おちちいわ」や霊水などもありました。

では洞窟を出て、運玉にチャレンジしましょう。


201408Udo12
運玉投げ

運玉とは500円玉ぐらいの大きさの素焼き玉で、中央には運と彫ってあります。
それを写真左手の朱塗りの所から霊石亀石にある注連縄に囲まれたくぼみに
見事投げ入れることができたら願いが叶うと言われています。

ちなみに女性は右手、男性は左手で投げねばなりません。

運玉は5個100円。
つまり、チャンスは5回あります。

どのくらいかな?
距離は直線で5~6mくらい離れているでしょうか。もう少しあるかな。


201408Udo13
霊石亀石

的は霊石亀石にある注連縄に囲まれた中央のくぼみで50~60cm四方くらいの大きさ。
くぼみの中には海水がはってあります。
くぼみの中央にある素焼き色は、見事に投げ入れられた運玉たち。
ちなみにくぼみに入った運玉は回収されお守りとして売られているんですって。


いざ、一投目
このくらいの強さかなと投げてみると注連縄の内側に入った私の運玉はくぼみの周りを
コロコロと転がってくぼみにイン!(*^_^*)

「ねっ、入ったよ。今の見た?」とパートナーに聞くと「見た」とのこと。
ちなみにパートナーの一投目はハズレ。さすがに左手は利き腕じゃないから難しそうです。
ってちょっと待って。
私たち今二人同時に投げてるけどさぁ、いったい誰が写真撮るのさ。(笑)

「もう一回行くよ」と投げた私の二投目はくぼみの中央にナイスイン
二投目も成功。
あっ、なんかコツつかんじゃったみたい。

パートナーは惜しくも、はじかれる。
その後も動画や写真を撮ることも忘れて、もくもくと運玉を投げる二人。
三投目、四投目は外し、最後の五投目

パートナーは残念ながら無星。
右手なら入るけど、ちょっとハンデが大きいなと言ってました。
だから男性で左利きの方はチャンスかも。

くぼみを見つめるレイチェル。
「これ絶対入る!」と宣言して私が投げた運玉は弧を描いてくぼみにイン
いえーいっ。(^_-)-☆
5回中3回成功はなかなかの確率じゃないでしょうか。
子ども心に戻ったみたいで運玉は楽しかったです。
鵜戸神宮に行かれたら、みなさまもぜひ運玉チャレンジしてみてくださいね。

自然の景勝地ということもあるでしょうが、鵜戸神宮は豊かなエネルギーが流れていて
これまで巡った神社仏閣の中でもかなり上位に入る心地よさでした。
でもって、暑くない季節に行けたら最高ですね。



鹿児島・宮崎の旅
日本全国制覇達成!
知覧特攻平和会館@鹿児島
死にゆく者から生ける者へ@知覧特攻平和会館
ざぼんラーメン@鹿児島
黒かつ亭@鹿児島
謎の○○@鹿児島
佐多岬@鹿児島
桜島@鹿児島
旅行人山荘@霧島温泉
丸尾滝(まるおのたき)@鹿児島
霧島神宮@鹿児島
狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎
おぐら本店@宮崎
鵜戸神宮@宮崎
青島神社@宮崎
ビストロ・アデン@宮崎



| 九州地方 | 18:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おぐら本店@宮崎

狭野神社からそのまま鵜戸神宮へ行く方が距離的には近いのだけど、
この日はチキン南蛮を2度食べるという旅の予定があったので、
まずはランチで頂こうと宮崎市橘通東にある『おぐら本店』を訪れました。

今回の旅の食べ物関係はすべてパートナーがチェックして計画を立てていたので
私は楽しみにしながらついて行くだけです。


201408ogura01
おぐら本店

広い通りからちょっと入った路地にあります。
おぐら本店はチキン南蛮発祥の店と言われているとか。
お昼時は並ぶそうなので、開店と同時に入りたいからということで、
やって来たわけですが、その甲斐あって並ばずには入れました。

お店の中は結構広いんですよ。
それがほぼ埋まりかけていて、席に案内されて外を見たら、
もう列ができていました。

ちなみにドアが2箇所にあるんですが、入口はこちらの白いドア。
横にあるもう一つのドアは出口専用でした。


201408ogura02
チキン南蛮

オーダーはもちろんチキン南蛮!
サラダとパスタがチキン南蛮に盛り付けてあって、ライス付き1010円。
宮崎にしては少し高め?都内のランチ並みの値段だなと思っていたら、
出てきたチキン南蛮が予想よりはるかに大きかった。
このままでは食べきれないと思ったので、ライスを半分パートナーにあげて
完食を目指した私です。

こちらのチキン南蛮は、甘酢は薄めでタルタルソースがたっぷりかかっている
バージョンです。ボリュームもあるので食べでがありますね。


チキン南蛮を待つ間。
後ろにいた女性たちのの会話が所々聞こえてきました。
聞くでもなく、耳に飛び込んでくる単語が「青島神社が……」というもの。

青島神社って言った?

実はね、この旅行の計画を立てるとき、青島神社にも行くかどうか迷っていたんですが、
日程と移動を考えて外したんですよね。それなのに、ここでその名を聞くとはなぁと、
ちょっと怪しい気配を感じつつスルーを決め込む私。

うん。まだ一度目だからね。(笑)
さあ、鵜戸神宮へ行こう!



鹿児島・宮崎の旅
日本全国制覇達成!
知覧特攻平和会館@鹿児島
死にゆく者から生ける者へ@知覧特攻平和会館
ざぼんラーメン@鹿児島
黒かつ亭@鹿児島
謎の○○@鹿児島
佐多岬@鹿児島
桜島@鹿児島
旅行人山荘@霧島温泉
丸尾滝(まるおのたき)@鹿児島
霧島神宮@鹿児島
狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎
おぐら本店@宮崎
鵜戸神宮@宮崎
青島神社@宮崎
ビストロ・アデン@宮崎



| お店 | 17:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎

霧島神宮を後にし、宮崎市を目指していた私たちの前に現れたのは御池(みいけ)。


201408miike01
御池(みいけ)と高千穂峰の二子石(ふたごいし)

案内板によると霧島山最大の火口湖だそうです。
素敵な景色に思わず車を止め、撮影タイム。
池の向こうに見えるのは高千穂峰の二子石(ふたごいし)です。


201408miike02



また車を走らせていると、今度はパートナーが「神社があるよ」と告げます。
「うん。あるね~」と気のない返事で答える私に再度「時間がまだ早いから寄れるよ」と。
で、立ち寄ることになったのが、宮崎県西諸県郡高原町にある狭野神社(さのじんじゃ)です。

実は本人の与り知らぬ所でここには寄ることになっていたというのは後で分かるのですが、
私に直ではなくパートナー経由で依頼が来るのは、受諾確率の問題か。(笑)


201408sano01
狭野神社(さのじんじゃ)

駐車場に車を止め鳥居をくぐります。
この参道、とっても力強い気が満ちていました。


201408sano02
狭野神社(さのじんじゃ)

すっきりとして綺麗な気の境内。
何気に良いところ(聖域)だなと思いました。
ふらっと立ち寄ったからとくにそう思うのかもしれませんが、かなり良いですよ。

ちなみに狭野神社は霧島六社権現(きりしまろくしゃごんげん)の一社。
霧島神宮もそのひとつです。


201408sano03
狭野神社(さのじんじゃ)

御祭神は神日本磐余彦天皇(神武天皇)
神武天皇は幼名を狭野尊(サノノミコト)と言われていたのだそうです。

配祀
吾平津姫命(アヒラツヒメノミコト)
天津彦火瓊瓊々杵尊(アマツヒコホノニニギノミコト)
木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)
鵜葺草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)
玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)


霧島神宮と配祀はかぶるところがありますね。
関係の深い場所と分かり、つながってるなぁと感じていたのですが、
参拝を終え、車へ戻っている時に「ちょっと待たれよ」と視えない世界の住人に
声をかけられました。

立ち止まると、「これを持って行って渡してください」とのこと。

あっ、やっぱりTAXIなのね?と確信したレイチェル。

この後訪れるのは鵜戸神宮なので、そこで渡せばいいのかな?それとも……
まぁ、その時になれば指示があるでしょうと依頼を受け託された物を預かりました。

にしても暑い
8月ですからね。暑くないわけはないんですが、二社目にしてへばりそうな暑さです。



鹿児島・宮崎の旅
日本全国制覇達成!
知覧特攻平和会館@鹿児島
死にゆく者から生ける者へ@知覧特攻平和会館
ざぼんラーメン@鹿児島
黒かつ亭@鹿児島
謎の○○@鹿児島
佐多岬@鹿児島
桜島@鹿児島
旅行人山荘@霧島温泉
丸尾滝(まるおのたき)@鹿児島
霧島神宮@鹿児島
狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎
おぐら本店@宮崎
鵜戸神宮@宮崎
青島神社@宮崎
ビストロ・アデン@宮崎



| 九州地方 | 17:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

霧島神宮@鹿児島

カーナビに案内され霧島神宮の大鳥居前にまず到着。
そこから駐車場を探して、もう少し奥へ行ってみようということで
ぐるっと周って霧島神宮の第一駐車場を発見し、そこへ車を止めました。

駐車場が位置的に二の鳥居と三の鳥居の間のような場所で、
二の鳥居から行くか、先にある三の鳥居から行くか迷うところですが、
今回少し戻って二の鳥居からお参りすることにしました。
って大鳥居からじゃないところが、私だな。(笑)


201408Kirishima01
二の鳥居

ここを通っている時は明治神宮の南参道と少し雰囲気が似ているなと
私は感じていました。


201408Kirishima02
三の鳥居

三の鳥居に差し掛かったときには、これまで訪れたことのある別の神社が
頭の中をよぎりました。

そう、さきほどまでと雰囲気がガラっと変わったんです。
鳥居や神橋は結界で、段階を踏んで参拝者の穢れを払い清め、
拝殿に近づける状態にしていると言われていますが、
その効果を目の当たりにした感じ。

この場所を一言で表すなら、「綺麗」。

階段を上りながら、どんどんコチラの世界とアチラの世界を区切られていく。
そんなふうにとてもシステム化され整えられた場所。


201408Kirishima03
お手水

参拝の前にお手水で清め、いざ御対面。


201408Kirishima04
霧島神宮

しっかりとした大きな気に満たされた境内に鎮座する霧島神宮。
本当に綺麗。後ろ(本殿奥)からしっかりと守られている感じが伝わってきます。


201408Kirishima05
勅使殿の美しい装飾


201408Kirishima06
御祭神


201408Kirishima07
御神木

さきほどお手水で手を清めているときに気になっいた大きな御神木です。


201408Kirishima08

拝殿横の参道を山側へ進みます。
すごく気持ちの良い気に満ちている参道でした。
でも、この道を歩いていると視線を感じるんですよね。
周りが自然だから当然といえば当然なんですが、龍とか天狗とかに見守られ中。
だから、「ちょっと山神社まで行かせてくださいね」と心の中で断りつつ進みました。


201408Kirishima09
山神社

初め、あまりの近さにココであってる?とあたりを見渡してしまいました。
さきほどの拝殿から歩いて5~6分。

厳かな気が漂う山神社。
本殿奥から感じていた気はここから来ていたのかな。
ここは気持ちがピーンと伸びるような感じがします。


201408Kirishima10
社務所

三の鳥居の手前にあるんですが……、
行きは三の鳥居に心奪われていて気づきませんでした。
しかし帰りは素敵な純和風建築に目を奪われる。


201408Kirishima11
招霊木

そしてコチラも……。
社務所近くにあるオガタマの木。
巫女が持つ神楽鈴の原型となる実をつける木だそうです。



鹿児島・宮崎の旅
日本全国制覇達成!
知覧特攻平和会館@鹿児島
死にゆく者から生ける者へ@知覧特攻平和会館
ざぼんラーメン@鹿児島
黒かつ亭@鹿児島
謎の○○@鹿児島
佐多岬@鹿児島
桜島@鹿児島
旅行人山荘@霧島温泉
丸尾滝(まるおのたき)@鹿児島
霧島神宮@鹿児島
狭野神社(さのじんじゃ)@宮崎
おぐら本店@宮崎
鵜戸神宮@宮崎
青島神社@宮崎
ビストロ・アデン@宮崎



| 九州地方 | 13:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT