La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



La sabbia d'argentoでは、「あなたがあなたらしく生きる」ための
スピリチュアルセッションを提供しています。

現在、2017年4月までのセッションご予約受付中です。


★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。



★龍の宴

2012dragon_kyoto


☆       ☆       ☆




★著書 『君がおしえてくれたこと』

発達障害の子どもがどんなふうに成長していくのか?

笑いあり、涙あり、毎日が山あり谷あり。
そんな家族の日々を姉目線で描いたノンフィクション・エッセイです。

弟はほんの一例に過ぎませんが、
「こういう子もいるんだな」ということを伝えたくて……
何かの参考になればと思い執筆しました。

家族の愛と絆の物語。

お手にとって読んでもらえたら、嬉しいです。


★4部作が完結しましたので、電子書籍版のセット販売を開始しました。
『君がおしえてくれたこと全4巻セット』の場合、通常4冊800円が500円にて購入できます。

君がおしえてくれたこと全4巻セット

君がおしえてくれたこと全4巻セット
著者:Rachel
言語:日本語,Japanese
電子書籍: 297ページ(表紙含む)
商品の体裁: B6判 縦書き
形式:PDFファイル
定価:500円(税込)
商品詳細を見る

DLmarketで購入


2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年末年始休暇のお知らせ

20121222_01


2015年12月27日(日)~2016年01月05日(火)まで
年末年始休暇のため、すべてのセッションをお休みいたします。

休暇中もメールでのお問い合せは受付けておりますが、
ご対応は年明け4日以降とさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


La sabbia d'argento
レイチェル☆Rachel




| インフォメーション♪ | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Merry Christmas!


20151224
イエローナイフのオーロラからの一枚


Love and Peace on Earth!


あなたがどこにいようと

あなたが誰であろうと

あなたが幸せでありますように



☆       ☆       ☆



今年、レイチェルの著書をお買い上げくださった方への感謝を込めて
龍の舞ヒーリングの設定をしました。

これは私からのクリスマスプレゼントです。
(『君がおしえてくれたこと』購入者特典とは別カウントです)

なお、遠隔一斉ヒーリングのみで、メッセージ等はありません。


対象者は下記の通りです。

電子書籍・印刷製本版を問わず
「君がおしえてくれたこと1」「君がおしえてくれたこと2」「君がおしえてくれたこと3」「君がおしえてくれたこと4」のいずれか、または全巻をお買い上げくださった方とその家族

印刷製本版の
「君がおしえてくれたこと1」「君がおしえてくれたこと2」「君がおしえてくれたこと3」「君がおしえてくれたこと4」のいずれか、または全巻をプレゼントで受け取られた方


ヒーリングは、自由意志で行われますので上記の対象者が
「癒されたい」「ヒーリングを受け取りたい」と思った時に一度、
流れる設定にしました。

もともと本の表紙には、レイチェルが撮影したヒーリングフォトを使用していますので、
お手持ちの本を眺めているだけでも癒されるとのご感想はいただいていますが、
ヒーリングを受け取ってみたい方はこの機会にどうぞ

この遠隔一斉ヒーリングのクリスマスプレゼントは、
最終巻を発行する年まで続けようと思っていましたので
今年が最後になります。

著書のご購入&応援ありがとうございます。




logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング
★スピリチュアルヒーリング
など、お問合せ受付中♪


| ヒーリング | 14:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

居心地を整える

私以上にミニチュアハウスを妖精や精霊が気に入ってしまったようで、
棚に飾ろうと一旦テーブルから撤去して、脇に片付けていたら
「テーブルに出して~」とのアピールが……。
遠いようで近い距離感です。(笑)

こうして観察していると、彼らは手作りのものとか、創り手の愛が感じられるものが
結構好きなようです。
ガーデニングをしている人の周りで、キラキラ光るオーブを目撃したことがアリ、
そういう意味では、小物だけでなく、花や作物を育てていたりすると
ひょっこり遊びに来ているかもしれませんよ。

作り手の想いがそこにはあるから、彼らはそのエネルギーを楽しんでいるようです。
居心地が良いといえば、分かりやすいかな?
人だって、居心地の良い場所が好き。

エネルギーは場所にも留まったり、影響を与えたりするので、
迷いの中にいる時こそ、自分が居心地の良い環境を作るように心がけるといいですよ。
模様替えや断捨離をすぐにできなくても、カーテンやシーツ、クッションの色を
変えるだけでも気分は変わるし、できないことにフォーカスするのではなく、
「今できることにフォーカスする」ことが大切なんです。

そう、頭では分かっていても、忘れてしまうこともあるから
たまに見直して居心地を整えましょう。



| スピリチュアル | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜空を見上げて

ふたご座流星群は夜空に雲がかかって見れなかったけれど、
19日の上弦の月、すごく透明感があって綺麗だったな。

冬の空は空気が澄んでいるから、いつもより映える気がする。

上弦の月の龍の舞ヒーリングは、「静かに燃ゆる」がテーマになっていました。
動いてないように見えても背後で刻々と時は刻まれていて、
私たちはその中を生きている。

これは正月明けくらいまで、本当にじんわりと続く時間みたい。

私はお互いの領域というのを大切にしたいと思う。
それは友達や家族だけでなく、視えない世界にも共通のことで、
それぞれの領域を尊重したいから、近づき過ぎないように気をつけている。

気をつけていても、
悪気なく何かをきっかけにパっとその領域に飛び込んで、
たまに踏み越えている時はあるわけで、もちろんその後は反省する。
そんなやりとりを手探りで繰り返しながら、お互いの境界線のようなものが
出来上がっていく。

たしかにそんなやりとりは面倒くさくて、まどろっこしいし、
時には誰かを傷つけてしまったり、自分も傷つくこともあるかもしれない。
それが嫌で殻に閉じこもってみても……、
待ってばかりじゃ何も進展しないんだよなと気づいて、また動き出す。

休みながら動く。
動きながら休む。

相手の領域を大切にしたい。
自分の領域も大切にしたい。

そして、お互いに分かり合いたい。




| つぶやき | 22:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さじ加減がむずかしい

先日のミニチュアハウス作りにて、色を塗ったり組み立てて集中しているうちに、
私はどんどん自分の軸に繋がっていく(動の瞑想)と書きましたが、
集中して感覚が研ぎ澄まされてくると、スイッチがONになるので、
気がつくと視えない世界の住人がわぁーと周りに集まってきていました。
私が楽しそうに作っているからか、ものすごく興味があるみたいで
横から覗いたり、つついてみたり、好き放題。

龍ちゃんズやキツネちゃんたちはそれらを静観していましたが、
ちょっかいを出してきたのは妖精や石や木の精霊と呼ばれる類のものたち。
ミニチュアハウスにあわせてか、小さいサイズでご登場。
私が作っている端から、楽しそうに使ってるんですよね。
まだ乾いてないから、それ。あまり関係ないだろうけど。

どうやら私は妖精や精霊に好かれるたちのようで、
普段から周りにわらわらといるようです。
でも私がスイッチをOFFにしていたり、気にしないことにしているから、
あまり気がつくことがないけれど、たまに家の中で神隠し事件を起して
私の反感を買っています。

そして、今回も……。
ウッドクラフトで作った家具が乾くのを待つ間、お茶でも飲もうと、
お茶をいれて部屋に戻ったらヒヨコが見当たらない。
「うそっ!さっきまでここにあったのにっ」と机の上や下を探すも行方不明。
そういえば、妖精たちがやたらとこのとりたまに興味津々だったかもと思い出し、
「私のヒヨコ返して。遊んでもいいけど、別次元への持ち出し禁止よ」
とつぶやいてみる。

あらためて、ヒヨコを探すと先ほどから何度もみた机の上に
ちょこんと鎮座ましていました。いやいや、ありえないんやけど。
やっぱり別次元へ持って行っていたか。
「使ったものは、元の場所へ」
家にいる時は、我が家のルールに従ってもらいますよ。

そういうイタズラはありますが、他の人の話を聞くと
私の周りにいる妖精や精霊は比較的大人しいようです。
何で好かれているのか分からないけれど、思い当たることといえば
私が花や木、石、動物に話しかけるからかな?
みんなしてると思っていたら、これ少数派でした。(笑)

何と言うか、「わっ妖精だ!精霊だ!」と騒がれるのは嫌だけど、
同じ時を共有しているものとして認識して欲しいのかもしれませんね。
猫と同じように構いすぎはよくないんじゃないかと。
適度にほっとくのが一番だと思う。
それでも、たまに重なる瞬間があって、それはほんの一瞬かもしれないけれど、
「側にいるよ」というアピールなのかなと。

私は自分があまり構われすぎるのが嫌なので、
各々の世界を大切にしながら共存しているつもりなんですけど、
構わなすぎなのかもしれないねぇ。(笑)


ここで、お知らせが一つ。
23日の龍の宴、まだお席ありまーす。
気になっている方、お話に来ませんか?



| スピリチュアル | 20:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT