La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高千穂神社

次の目的地、高千穂神社へやってきました。
高千穂神社の主祭神は高千穂皇神(タカチホスメガミ)と十社大明神。


201204Takachiho_005

鳥居が大きくて、道路に出るか、反対側に渡ってじゃないと入りません。


201204Takachiho_006

いろんな神社を巡っていますが、こちらで珍しい狛犬に会いました。
なんと子持ち!!足の間に2匹ずついます。

201204Takachiho_007


石段を登ると社殿が見えました。

201204Takachiho_008

高千穂神社

風情ある造りは、安永7年(1778年)に造替されたもの。

本殿東側に回ると...

201204Takachiho_009

居た!天狗さん。
こちらの像、ものすごーく天狗っぽいんですが、
説明では十社大明神の中心である三毛入野命(ミケイリノミコト)。
三毛入野命かぁ...でも、エネルギーめっちゃ天狗だよネェ


201204Takachiho_010

一方、こちらは高千穂の鎮石。
これを見て、鹿島神宮の要石に似てると思ったんですが、それもそのはず。

高千穂宮鎮石(しずめいし)の由来
「第11代 垂仁天皇の勅命により我国で始めて伊勢神宮と当高千穂宮が
創建された際用いられた鎮石と伝えられます。
尚、住吉関東鹿島神宮御社殿御造営の際、高千穂宮より鎮石が贈られ
同宮神域に要石として現存しています。」

ということらしいです。

ここ高千穂神社では、毎日夜神楽を行っていますが
今回は日帰り旅のため、さすがにムリだなぁと半ばあきらめていました。
絶対ムリと思っていないところが私です。(笑)

すると、偶然にも色々なタイミングが重なって、ええ、まさかまさか
なんと午前中に神楽を観ることができました。
不思議なんですが、たまたま出逢った神楽奏者の方と話し込んでいて、
今日は正式参拝の方がいらっしゃるから、その際に少し神楽を舞いますよと
教えてもらえたのです。ラッキー。
ちょうど次の神社へ移動しようかなと思っていたところだったので、
予定を変更し、そのまま正式参拝と神楽を鑑賞させていただきました。


201204Takachiho_011


初めて来た高千穂神社の記念にとんぼ玉おみくじを引きました。
結果は、大吉
私がおみくじを引くのは、そこに添えてある和歌をみたいから。
いつみても綺麗にまとまっている歌なんですよね~。

今回の和歌もそうですが
この5・7・5・7・7に込められた言葉が美しいと思います。

ひそみ居し
ふちの龍らも
時を得て
雲井にのぼる
かげのめでたさ


意味は、
「何事も末の見込みがある
改めかえてよい運です
意志強く驕り高ぶる事なく信心すれば 
龍の風や雲を得て天に昇るように出世します
辛棒が第一です」とのこと。

素敵なメッセージありがとう。



高千穂の旅
高千穂峡
高千穂神社 
あららぎ乃茶屋@高千穂
国見ケ丘
槵觸神社(くしふる神社)
荒立神社
旅語録
天岩戸神社
八大龍王水神社
天岩戸神社東本宮 
旅の終わりに 


関連記事

| 九州地方 | 10:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT