La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愉快な仲間たち

それでも「なぜ今なのか?」を考えてみました。

昨日書いたレムリアの追憶のルチル君も含め、TAXI案件のお土産などで、
昔使っていた眷族や式神をGETすることが多くなったのはここ10年程。
だから、私の眷族や式神は、子供の時から側にいた龍ちゃんズを除くと、
大人になって(それもいい年になって)から出逢った数の方が断然多い。

どうせなら、色々と大変だった中高生時代に出逢って、
助けてくれたらいいのにと思いさえするのですけど。
当時は、龍ちゃんズにしたって専ら見守るだけでしたし、
直接的に私がして欲しいことを手伝ってくれたかというと
そうではなく、ほぼノータッチでした。
(まぁ、彼らはそういう命令を受けていたから仕方ないのですが)

大人になった私の視点でこのことを考えてみると
私の人間性の成長を待っていたのかなと思うんです。
何でも使い方次第で善にも悪にもなるから。
いかに自分のだとしても、思いのままに使ったらどうなるか。
感情に任せて利己的な使い方をすれば身を滅ぼすでしょう。

どんな職業であれ、それは言えることなんじゃないでしょうか。
すべてはその人の人間性にかかっていると思います。

それゆえ、その分別が自分の意志と責任でできるようになるまで
彼らは時を待っていたのではないかと思うんです。
いろんな経験をしたからこそ身をもって分かることもあるし
年齢を重ねることで見えてる部分もあります。

だから、私がどんなにもっと早く出逢ってれば良かったと思ったとしても
出逢ってない現在の方が今の私の人生には有益なんですよ。

これがやっぱり絶妙なタイミングで出逢ってるということになるかな。

あとは、それを受けて私がどうしたいか。
どうせなら、家事ができたりすると嬉しいですけど...。(笑)

そういう物理的なことはムリなので、各々の得意分野で働いてもらいながら
「レイチェルと愉快な仲間たち」の楽しい今後を模索しています。


関連記事

| パワーアニマル | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT