La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅のこぼれ話@岡山

旅の始まりでキツネさんたちに渡されたものは何かの鍵のようでした。
鍵の形をしているのはひとつだけで、あとは別の形状をしていたのですが
それらを含めて「鍵」だと思ったのです。
はやる好奇心を抑え、眷族に任せたところ、旅行中それぞれの場所で
預かったものを置いてきたようです。

やっぱり、そこにそれを必要とする存在がいてTAXIにされたみたい。
特に一言もなかったのは急いでいたためか?
行けばわかると思ったからか?...そこの謎は深まります。

ガイドや高次元の存在たちなど、いわゆる視えない存在たちには
時間の概念もないし、一瞬で移動できるから
どう考えても彼らが自力で行った方が早いような気がするんですけどねぇ。

以前、TAXI案件に書いた理由その1

「体感したいから」&「お互いの学びのため」

ということで、依頼が来たりします。(←断ることもできます)

もちろん、何か自分と縁のある存在や土地の場合もあれば、
たまたま行き先が同じだったとか、
実は本人が近づけないので代理でお願いという場合もあります。

今回は「実は本人が近づけないので代理でお願い」というのと
「自分と縁のある土地」が選ばれた理由っぽい。
自分と縁のある土地と言っても、現代ではなくて大昔のようですが。

そんなこんなで、ちゃっかりのっかりTAXI案件となった今回の旅ですが
戻ってから数日後にお礼参りに来たのは女性の姿をした大きな白い蛇。
彼女は、とても品の良い方で、長いこと救出を待っていたようでした。
キツネたちに依頼したところで力尽き、伝言までは残せなかったそうです。
それが一言もなかった理由のよう。

白い蛇も白狐も神様のお使いと言われていますから
無事に事なきを得てよかったのかなぁ。

-完-


岡山の旅
旅の始まり
後楽園と岡山城@岡山
吉備津神社@岡山
吉備津彦神社@岡山
今回のお供
蔵Pura@倉敷
美観地区@倉敷
最上稲荷@岡山
備彩@岡山
旅のこぼれ話@岡山


関連記事

| スピリチュアル | 16:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT