La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インナーチャイルド

最近、インナーチャイルドについて聞かれることが多くなりました。
インナーチャイルドという言葉を聴くけど、それって何なの?
と思っている方もいるようなので、私なりにインナーチャイルドについて
まとめてみました。ご参考まで。


☆       ☆       ☆


インナーチャイルド(内なる自己)とは、子供時代の感情や記憶が
もとを成して形成しているもう一人の自分。
子供時代に傷ついた心や押し込めた感情を含み、
その時の経験が大人になった今も影響を与えていることがあります。

とくに深く残っていたり、引きずるのは親から言われた言葉や態度。
親は子育てに一生懸命で悪気はなかったかもしれません。
それが知らず知らずのうちに大きな影響を与えていることがあります。
本人は忘れているつもりでも、自分の中で消化しきれなかった部分が
しこりとなって残り、大人になった今何かの折に触れ、本人の思いグセや
パターンとして顔を出すことがあるんです。


自分が大人になり、ふと子供時代を顧みた時、

あの時、本当はこうしたかった。

あの時、本当はこうしてほしかった。

あの時、本当はこう言ってほしかった。

というような想いがよぎった経験はありませんか?
あの時の本心(または本当の自分)が、大人の自分の中に隠れています。
人は過去の経験データをもとに現在の判断を下しているので
あの時と似た状況になるとそれが反応するんです。

一見何でもないようなことで、悲しくなったり、否定されたと思ったり、
必要以上に自分が反応している相手の言動とか...

そんな不思議なツボありませんか?

過ぎたことをいつまで言っても仕方ないと大人な対応で諌めても
それは一時しのぎにしかなりません。
本当の原因は、子供時代のケアにあるからです。

そこで登場するのが、インナーチャイルドなんですね。

もし、それが今の自分の幸せの邪魔をしているのなら
自分のインナーチャイルドと一度じっくりと話し合うことも
必要だと思います。

あせらず、時間をかけて置いてけぼりになった子供時代の自分を、
大人の自分に融合する、育てなおすこと。

今更と思うかもしれませんが、自分の思いグセやパターンを手放すには
子供時代に立ち返り、インナーチャイルドを癒してあげることが
大切なんですね。

今回のセミナーもそうですが、私がセッションやセミナーで伝えているのは、
本人のペースに合わせてじっくり行う自分でできる方法です。

だって、自分でできないと不便でしょ?

インナーチャイルドの癒しって段階を踏んでいくものなので
一足飛びにゴール(融合)というわけにはいきません。
Aが融合できたら、Bというように、何個しこりを持っているかによって
段階や時間は変わってきます。

それに食べるスピードが人それぞれ違うように、
融合にかかる時間も違います。

何より大切なのは本人が納得しながら進み、融合していくことですから、
自分時間で進むことがベストタイミングなんです。

人の芝生は青く見えるもの。
インナーチャイルドの癒しは、マイペースで行きましょ。




現在お申し込み受付中!
セミナーや龍の宴の詳細は、下記をご覧くださいませ。

★特別企画「インナーチャイルドセミナー1」

★龍の宴


関連記事

| ヒーリング | 17:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT