La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

絶叫マシンで厄落とし!?

今日は2012年が始まって300日目の節目。
残すところもあと66日となった本日、富士急ハイランドへ行ってきました。

目的は絶叫マシンです。
この絶叫マシン、なかなか厄落としにおすすめのアイテムです。
なぜなら、お腹の中から思い切り声を出すというのは、
日頃たまった鬱憤を発散させてすっきりするのに有用なんですよ。
といっても、これは絶叫マシン好きにしかオススメできませんが。
(たとえ絶叫しなかったとしても、すっきり感はあると思います。)

人によっては、コーラスとかカラオケとか武道とかで
お腹の中から声を出して楽しく発散されているかと思います。

このお腹の中から思いっきり声を出すという行為。
子供の頃は、よく大声を出して競い合ったり、喧嘩したりして
発散していましたが、さすがに大人になるとそんなことしませんよね。
TPOに合わせた声の大きさで話しているから、大声を出す機会なんて
あまりありません。


20121026_01
ええじゃないか

厄落としも兼ねて思いっきり叫んでスッキリしたいという要望に
ピッタリだったのが、たまたま絶叫マシンだったんです。
これなら、思い切り叫べるし、絶叫マシン特有の爽快感もあり、楽しい!

私は今回ドドンパとフジヤマに乗りました。
パートナーは私以上の絶叫マシン好きなので、ええじゃないかと高飛車も
制覇するつもりのようでしたが、待ち時間がね...。
富士急は平日でも混んでいました。

ドドンパは1時間40分待ち。他のマシンも似たり寄ったり。
それだけ待って、乗車時間は160秒(笑)。あっという間です。
ドドンパの最高速度は172km/h。スタートして1.8秒後に体験できます。
押さえつけられる感じというか、身動きできません。
途中にある最大傾斜角度90度の上昇&落下もすごい勢いで過ぎていくので、
あっと思っているうちに頂上にいて、次にふわっとした浮遊感があり、
宙に投げ出されると思った時にはもう先に進んでいますから本当に一瞬です。
待ち時間に疲れましたが、スピード感あって楽しい乗り物でした。

そのドドンパの待ち時間に「何だ、あのえぐるような角度は!?」と思って
見ていたのが高飛車でした。


20121026_02
高飛車

矢印の先に注目。直角より落ちている...なんと121度。
垂直にゆっくり登っていく瞬間は恐怖と期待が増すだろうし、
頂上でのタメも結構来るだろうなぁ、やっぱりあのえぐるような角度に
耐えられるのか、体験したことないから想像できないなぁと見てました。
私の中では「これはさすがにパス」と決めていたに近いです。(笑)
あそこさえ、越えれば平気だと思うんですがね。
1時間以上も見ていて、目に焼きついた高飛車の映像が不安をあおります。

ええじゃないかはオモシロそうとは思うけど、座席が回転するから、
乗り物酔いする私は目が回るんじゃない?と思っていたんです。
だから、いや全然一人で乗ってきてくれてもいんだけど。
「絶対好きでしょ。乗ったら気に入るって」と回し者かのような営業トーク。
どうしても私を乗せたいらしい、パートナー。

幸か不幸か、平日にもかかわらず待ち時間が1時間30分以上、
乗り物によっては2時間かかるということで、高飛車とええじゃないかは
次回に回すという結論になりました。
教訓:富士急は平日と言えど開園と共に中へ入るべし。

それで、比較的空いていたフジヤマへ。
10年ぶりのフジヤマです。もうどんなだったか覚えてないなぁと
そのコースを見て、最大落差70mと全長2,045mに目が行く。
そういえば、結構落ちて、長かった気がする。

そして、久しぶりに乗ったフジヤマは、やっぱりすごかった!
最頂部79mからの眺め、そこから落ちていく瞬間が長い長い。
思いっきり絶叫できました。

さぁ、絶叫マシンですっきりした後は、最後の〆の観覧車。


20121026_03
スケルトン観覧車

通常の観覧車は4人用ですが、4台だけあるスケルトンタイプは2人用。
晴れていれば富士山が見えるような座席向きで作られています。
この日は、晴れていたけど富士山に雲がかかって見えませんでした。
スケルトン観覧車は、カップルに人気のようです。

日常から離れて、違うことを満喫するというのがなかなか貴重な経験なので
遊園地おすすめですよ。


関連記事

| DIVERTIMENTO | 23:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT