La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『わが子が育てづらいと感じたときに読む本』 南山みどり著

わが子が育てづらいと感じたときに読む本わが子が育てづらいと感じたときに読む本
(2012/05/29)
南山みどり

商品詳細を見る



インディゴやクリスタルに関する本を読んでいると前に書きましたが、
『インディゴ・チルドレン』『クリスタル・チルドレン』などを読み、
今度は日本のケースも知りたいなぁと母国語の本を探していたところに
見つけたのがこちらの本です。

タイトルには『わが子が育てづらいと感じたときに読む本』とありますが、
育てづらいか・そうでないかに関わらず、オススメの育児書です。

以前紹介した『子どもの心のコーチング』『子どもが育つ魔法の言葉』
並ぶ良書だと私は思います。


あなたが子どもだった時、
親に頭ごなしに怒られて嫌な思いをしたことはありませんか。

子どもなりの理由があったのに、聞いてもらえなかった。

子どもにだって人格があります。

ちゃんと考えているんです。

やろうと思っていたことを、注意されるとやる気がなくなります。

私たちみんな子どもだった時期があったはずなのに、
親になるとどうして子どもの気持ちを忘れてしまうんでしょう?

ダメだから、ダメって何がダメなの?

大人はよくて、子どもはダメってどうして?

「もう、早くしなさい!」ってつい子供に言ってませんか?

感情的にならずに落ち着いて話したいのに……思わず怒ってしまう。

それはきっとみんなが経験してることだと思います。


あなたが子どもだった時、されて嫌だったことをしないようにしようと
思っていたのに気が付けば親と同じことをしていたなんてことは
ありませんか。

たとえば、「○○しないと、××できないよ」とか。

そんなふうに条件付けをすると、子どもは「○○しないと、愛されない」と
思ってしまい、それが積み重なると自己存在感がうすく、自信のない、
人の顔色ばかり伺う子どもになってしまうもしれません。

親にはそんなふうに育てるつもりはないと思いますが……


子育ては、無条件の愛。

でも、知らないことは大人にだって教えられません。

人は、育てられたように、育てるのだそうです。


この本は、いろんな意味で私たちに問いかけています。

今、子育て中のお母さん、お父さん
子どもと関わる仕事をしている方
人生に生きづらさを感じている方
インナーチャイルドの癒しや自分を育てる「育自」が気になる方
インディゴやクリスタルチルドレンなどに興味がある方
胎内記憶に興味がある方

に、ぜひオススメしたい内容です。



関連書物
君がおしえてくれたこと1
子どもの心のコーチング
子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart
子どもが育つ魔法の言葉
10代の子どもが育つ魔法の言葉
毒になる親
インディゴ・チルドレン
クリスタル・チルドレン
7つの習慣ティーンズ
ザ・ミッション



関連記事

| 資料リスト | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT