La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リオ・デ・ジャネイロの風景@ブラジル

車窓からリオ・デ・ジャネイロの街を眺めていて目を引いたもの。


20130501_07

それは、近代的なビルの谷間にある歴史を感じさせる建物。
とんがった屋根とファザードが素敵。
できることなら、町歩きをしながら建物を見てまわりたいけれど、
ツアーのため、時間がないのでそれは叶わず。


20130501_08

リオの南部を高台から見下ろすとこんな感じ。
ビーチと高層ビルが立ち並んでいます。

リオ・デ・ジャネイロといえば……、
コルコバードの丘にあるキリスト像ですね。
私はコレが見たくてリオに来ました。
この写真では、矢印の先に豆粒のように写っていますが、
望遠にて撮影すると↓


20130501_09

このように両手を広げて立っています。
頭の中にあるイメージは映画で見る空撮ですが、実際には街から見るか
コルコバードの丘から見るかなんですよね。
それでも車窓から見つけたときは感動しました。
キリスト像については、後日あらためてご紹介します。


20130501_10
アトランティカ通りに面するコパカバーナ海岸

この海岸線の向こう側が、イパネマの娘で有名なイパネマ海岸。
季節は秋ということですが、気温は30度近くあって暑い。
ただし、朝夕は涼しいので上に羽織るものはあった方がいいですよ。


20130501_11
コパカバーナ海岸

ビーチには、日光浴を楽しむ人が結構いました。
ブロンズの肌の方がセクシーで美人&美男ということで、みんなこぞって肌を焼きます。
そして公園やビーチには、これで体を鍛えろとトレーニング機器が設置されています。
トルコにもあったけど、ブラジルにもあってびっくり。
肌の露出が増えるビーチではマッチョであることが期待されるし、もてる条件のよう。
治安の問題もあって、やっぱりマッチョで強そうな男性がもてるそうです。
日本のような草食系は流行らないとガイドさん。

ということで、イケメンマッチョを探してみましたよ。(笑)
男女ともにピップラインの筋力を相当トレーニングしているようで
つんとあがった形のいいピップラインをしています。
ブラジルはお尻が命とブラジル人の友人が言ってましたが、本当にすごいですね。
どんだけトレーニングしたら、ああなるのだろう?

そんななか、ガイドさんがストリング水着を着ている若い女性を発見し教えてくれました。
ほとんど紐ですよ。申し訳なさ程度に布がついているくらいで。
これ、効率的に肌を焼くための水着なんですよね。

ガイドさん曰、ブラジル人は老いも若きも好きなものを着ているから、
60代でもストリング水着を着ているわよとのこと。
それに対して、日本みたいに周りが干渉しないから人の目を気にすることなく
個性を主張しやすいお国柄なんだそうです。
そう聞いている端から、ストリング水着の推定60代のカップルを見ました。
堂々としていてかっこよかったです。

人がどう思うかではなくて、自分が着たいものを着て、したいことをしている。
日本のように推し量りあいはなく、ストレート。
それがブラジルの良さなんだな。


関連記事

| DIVERTIMENTO | 17:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT