La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪魔の喉笛@イグアスの滝

20130504_06
イグアス国立公園入口(アルゼンチン側)

晴天のブエノスアイレスから、
滝を見にイグアスへ移動した私たちを待っていたのは、雨。
3週間ぶりの恵みの雨だそうです。


20130504_07
左がブラジル側、右がアルゼンチン側

雲行きが怪しいというのは聞いていましたが、まさか土砂降りになるとは。(笑)
龍たち、張り切ってやらかしたなぁ。

実は、以前にも似たようなことがあったんです。

(事例1)
那智の滝を見に行った時のこと。
水不足といわれていた年だったけれど、その2、3日前から大雨になり、
当日は晴天のなか例年以上の水量となった立派な那智の滝を観賞。
滝の上には、「どう?」といわんばかりのドヤ顔の龍。

(事例2)
四国一周旅行にて、四万十川を見に行った時。
清流の流れを楽しみにしていた私たちの前には、台風の影響で濁流とかした
猛烈な勢いの四万十川をただよう龍と本当に半分沈下している沈下橋が……。

いや、盛らなくても、通常通りの状態でよかったんだけどねぇ。
向こうの事情か、期待されるとつい張り切ってしまうようです。
だから、今回は必死に気持ちを抑えて、密かに楽しみにしていたんですが、
ここにきて雨なんだなぁ。

この時期、なかなか雨が降らないそうで、なんたって3週間ぶり。
そのおかげで、ガイドさん曰、絶好の悪魔の喉笛日和となりました。
前日の水量はそんなでも無かったらしいです。


20130504_08
中央駅

悪魔の喉笛へは、トロッコ電車に乗って行きまーす。


20130504_09

向こうへ見えるは、私たちが乗るトロッコ電車。
電車に窓やドアはないので、横から雨風にさらされることになります。
晴れの日は風が通って気持ちいいと思います。
だけど雨の日は、イスも濡れているので、素直に上下レインコート着用がいいですよ。


20130504_10
イグアスの滝 アルゼンチン側

地図のAからBまでトロッコ電車で行き、BからCまで遊歩道を1.1km歩いたところに
悪魔の喉笛と呼ばれる絶景スポットが口を開けて待っています。

たぶん、AからBまでスムーズに行けばトロッコ電車で15分くらいじゃないかな。
私たちのトロッコ電車は途中トラブルで止まり、乗り換えたりしたので
30分くらいかかりました。(笑)

そして、BからCまでの遊歩道で、私は酔いました。(^_^;)
あっ、揺れは気になりませんよ。
雨が降っていて滑るので、川の様子が見える金網の遊歩道で、
気をつけながら下を見て歩いていたら、どうやら網目で酔った模様。
晴れていたら、前を向いて進むと思うので酔わないかなと思います。

雨風が激しくなったので、途中から傘をあきらめレインコートでのりきる。
私、上だけしか持っていかなかったのでひざ下は既にズブ濡れで~す。

でも、デジイチは濡らしてなるものかと対策を考えてきたので、
カメラ用のレインコート+レインカバーという念の入れよう。

とてもじゃないけど、水没する勢いの雨なので、
レインカバーを外して写すのは危険と判断し、ここから先は
ビニール越しでの撮影になります。


20130504_11

滝の音は聞こえど、という状態が続いていましたが
いよいよ悪魔の喉笛がその姿を現しだしました!


20130504_12
悪魔の喉笛(Garganta del Diabolo)

ゴォー!という音が聞こえてきそう……
迫力のある悪魔の喉笛。

期待以上!!


20130504_13
悪魔の喉笛(Garganta del Diabolo)

白いのは滝の水煙。
ここまで来ると、晴れていても滝の水しぶきで濡れます。
濡れたくない方は、ひざぐらいまであるレインコートがオススメ。
風でめくれるのでポンチョよりレインコートがいいと思いますよ。


20130504_14
悪魔の喉笛(Garganta del Diabolo)

雨だとね、もうどっちか分からないぐらい濡れます。(笑)
この時、私は撥水加工のパーカーの上にレインコートを着ていたので、
上半身は大丈夫でしたが、ひざ下はえらいことになっていました。

教訓:念のためのレインコートは上下用意すること。
要らなきゃ、着なくていんですから。




パートナーが防水仕様のカメラで撮影した動画。
滝のスケールや勢いが少しは伝わるかな。

防水仕様のカメラっていいなぁ。



南米の旅
リオ・デ・ジャネイロ@ブラジル
リオ・デ・ジャネイロの風景@ブラジル
サン・セバスチャン大聖堂@リオ・デ・ジャネイロ
ポン・デ・アスーカル@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像1@リオ・デ・ジャネイロ
コルコバードのキリスト像2@リオ・デ・ジャネイロ

ブラジルからアルゼンチンへ
ブエノスアイレス@アルゼンチン
メトロポリターナ大聖堂@ブエノスアイレス
ボカ地区@ブエノスアイレス
レコレータ墓地@ブエノスアイレス
ブエノスアイレスの夜

ブエノスアイレスからイグアスへ
悪魔の喉笛@イグアスの滝
Hotel das Cataratas@イグアスの滝
朝の散歩道より@イグアスの滝
ボートツアー@イグアスの滝
絶景スポット@イグアスの滝

ブラジルからペルーへ
マヨール広場@リマ
サン・フランシスコ教会@リマ
車窓から1@ペルー
南十字星@パラカス
ナスカの地上絵(前編)@ナスカ
ナスカの地上絵(後編)@ナスカ
家の守り神『プカラ牛』@ペルー

リマからクスコへ
サクサイワマン遺跡@クスコ
アルマス広場@クスコ
車窓から2@ペルー
車窓から3@ペルー
ハイラム・ビンガム・ロード@マチュピチュ
マチュピチュ遺跡1@ペルー
マチュピチュ遺跡2@ペルー
太陽の門(インティプンク)1@マチュピチュ
太陽の門(インティプンク)2@マチュピチュ
Sanctuary Lodge@マチュピチュ
ワイナピチュへの道1@マチュピチュ
ワイナピチュへの道2@マチュピチュ
ワイナピチュ1@マチュピチュ
ワイナピチュ2@マチュピチュ
ワイナピチュ3@マチュピチュ
マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)
車窓から4@ペルー

エピソード1@南米
エピソード2@南米
エピソード3@南米
Libertador Palacio del Inka@クスコ
クスコからリマへ
リマよさらば@ペルー
地球の裏側から日本へ

番外編
細幅靴を探して@海外編


関連記事

| DIVERTIMENTO | 17:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT