La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハイラム・ビンガム・ロード@マチュピチュ

マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)を見て、黒川温泉(熊本)みたいと思った私。


20130509_14

川の両側に建物が並んでいて、なんとなく雰囲気が黒川温泉と似てるなぁと。
橋を渡って、少し行ったところにマチュピチュ遺跡行きの緑色のバスが待っています。


20130509_15

この青い建物のところが、マチュピチュ遺跡行きバスの停留所でした。

バスの座席は、左右どちら側に乗るのがいいか?

マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡へは右側に乗ると景色が楽しめます。

なので、逆のマチュピチュ遺跡からマチュピチュ村へは左側ね。


そんなこと調べもしないで、偶然が重なり右側の最前列(特等席)へ座る。
列に並んでいたら、次のバスへ案内されたのでたまたま一番に乗りこめたのです。
引き強いなぁ♪と思いました。席は、いつものクセで座っただけ。


20130509_16

見えないと酔うので、前列必須。
好みを言えば最前列かつ運転席と逆側に座りたい。
そんなこんなで、偶然座れた特等席からの視界はこんな感じ。

マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡へは、バスにて30分。
うねうねしたハイラム・ビンガム・ロードを上ります。


20130509_17
ハイラム・ビンガム・ロードとインカ道

ハイラム・ビンガム・ロードは舗装されていない砂利道なので、ちょっと揺れます。
道幅は、バス一台がやっと通る離合困難な道。
カーブの所が少し広くなっているので、そこで待ち合わせて離合していました。

写真に写っている階段はインカ道。
歩いて上る方は、このインカ道(階段)を使うそうです。
バスで30分ですが、歩いて上ると1時間30分から2時間くらいかかるとか。


20130509_18

そうこう言っていると、前方から下りのバスがやって来ました。
前には進めないので、離合ポイントで通過するのを待ちます。


20130509_19

カーブのところだけ、石畳になっているところも多く見かけました。
結構曲がってるんですよ。ヘアピンカーブってヤツです。


20130509_20

かなり上がってきたなぁと思っていたら、目の前にはワイナピチュ山。
もうすぐ終点です。


20130509_21
サンクチュアリ・ロッジ(Sanctuary Lodge)@Machu Picchu

マチュピチュ遺跡到着。
マチュピチュ村からハイラム・ビンガム・ロードを登ってきたバスは、
サンクチュアリ・ロッジの前に停まります。

ここから、マチュピチュ遺跡入口まではすぐです。


関連記事

| DIVERTIMENTO | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT