La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイナピチュ1@マチュピチュ

20130510_06

A:登山ゲート
B:ワイナピチュ頂上

AからBを目指します。
地図を見ると、頂上付近は一方通行になっています。

受付で、パスポートとチケットを提示し、登山のノートに
名前・国籍・サイン・登山開始時間を記入してアタックスタート。


20130510_07

ゲートをくぐって、まずは目指す方向を確認。
山道にそって進むと、最初の分かれ道に来ました。


20130510_08

目指すワイナピチュは右。


20130510_09

実はまだここはワイナピチュではないんです。
ワイナピチュに行くには、こんもりとした山を抜けないといけないので
こんな道を登って降りなければなりません。


20130510_10

登りきったところ。
目の前にワイナピチュが見えます。
ああ、ここからそこへ橋がかかっていたら……なんてことを思ってしまう。
さあ登っただけ、下ってワイナピチュの登山道を目指します。


20130510_11
ワイナピチュ登山道

これが本当のワイナピチュ登山の始まり。
古いインカ道で続く、登山道を行きます。
はじめはこんな階段だったんですが、次第に大きさがまちまちになり
坂になったり、岩になったりして、行く手を阻みます。

たっぷり、途中で水分補給と休憩をとりながら進む。


20130510_12

どこを進むのか?というと、見えている岩の階段を進みます。
結構な急斜です。ワイヤーがあるところもありますが、ないところも多いです。

段々畑のような広くなっているスペースを見つけ、立ち止まる。
降り返ると待っていたのは絶景です!


20130510_13

ずいぶん登ってきたなぁと景色に癒される。
登り始めは、遺跡よりも下にいるので、全然見えないんですよ。


20130510_14

しばらく進むと岩のトンネルが出迎えてくれました。
ここはしゃがまないと通れません。リュックを抱えなおし、無事通過。

ここまで来たら、頂上はもうすぐです。


関連記事

| DIVERTIMENTO | 18:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT