La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感情のトラップ(罠)

私たちはそれぞれストーリーを作って世界を見ていると言います。

そのストーリー通りに事が運んでいる場合はいいのですが、
外れてしまった時にグルグルと考え込んで落ち込んだりします。

たいていの場合は、自分で自分を責めています。
誰々がこう言ったからとしても、自分がそれに同意していなければ
傷つかないのです。

自分の中にある引け目・罪悪感・被害者意識などが、ここぞとばかりに
トラップ(罠)をしかけます。不安をあおって、相手を攻撃するように。

私も何度もトラップにはまった口です。

感情のままに言葉をぶつけてしまうと、後悔します。
また、それが引け目・罪悪感に蓄積されちゃうんですよね。

私たちが持つ感情というものは、実は過去の事象に基づいて反応しているそうです。

つまり今、イラっとしたり、ムっとしたりする何かにあったとしても、
実はそれは過去に似たような嫌な経験をしたことがトリガーとなって
イラっとしたり、ムっとする感情が反応として出ているということなんです。

喜びや楽しみなら、そのままでもいいですが
なるべくならイラっとしたり、ムっとせずに心穏やかに過ごしたい。
そう思いませんか?

自分にとって嫌な感情が出たときは、過去を癒すチャンス。
その根本には自分がずっとひかかっていたことが眠っているかもしれません。
ほんの少し勇気を出して向き合ってみたら、心穏やかに過ごせる時間が
増えていくのではないでしょうか。

コツは、ちょっと引いて眺めてみること。

くれぐれも自分でしかけたトラップにはまって相手のせいにしないように
お気をつけください。自分自身の思うツボですよ。


関連記事

| メッセージ | 11:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT