La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・手帳選び。

手帳を探しにハンズと有隣堂を巡ってきました。
ネットで候補はかなり絞り込まれましたが、やはり実物を見たいですし、
もしかしたら手帳売り場で一目惚れがあるかもしれません。

ずらっと並んだ手帳売り場を見て、カラフルだなぁという印象を受けました。
こんなにたくさんあるのに、私の条件はそんなにマニアックなのか……。
条件にマッチするのは数点のみ。

最近は、1日1ページの手帳が流行っていますね。
いろんなバリエーションがあって、見ているのは楽しいです。
ただ、私は1日1ページも書かないので選びませんが。
日記をかねるなら、それもありなのかな~。

手帳は家で主に使っていて、外出先ではスピ帳を持ち歩いているので
そこに思いついたことや不思議なこと、日常の話から夢などを書いています。
そのため手帳のメモ欄を使う頻度は少ないのです。
そんな使い方なので、書きやすい大きさのB6を選んでいるのですが、
持ち歩くにはちょっと重い。だから、持ち歩きません。(笑)

スケジュール管理の上手い人を見ていると、
家用・持ち歩き用・結果保存用と3冊の手帳を使い分けていました。
すごいなぁと思うものの、さすがにそこまではマメにはできないので、
とりあえず今年は家用と持ち歩き用の2冊使い分けにチャレンジしてみようと
思っています。

最近、私の好きな手帳ラインがなくなりつつあるので、
他のに慣れる意味をこめての新しい試みです。

ということで、再び条件を考えてみました。

サイズ:
B6(家用)/A6(持ち歩き用)
カレンダー:
当年を含めて3年分欲しいが2年でも可、持ち歩き用はなくても可
イヤープラン:
あると嬉しい、なくても可
マンスリー:
月曜日始まり、月の満欠表記、前月&翌月カレンダー付(譲って翌月カレンダー付)、
マスに区切り線のないもの(ただし、方眼なら可)
ウィークリー:
バーティカル式、曜日均等割り!、時間枠は8時~23時までほしい、
月の満欠表記があるとなお良し、前月&翌月カレンダー付(譲って当月カレンダー付)


私としては譲歩したつもりですが、候補はあまり増えません。(笑)

今のところ一押しのMARK'S
私の希望を全て満たしています。去年使ったのはグラン・ド・パリ。
時間枠が8~23時まであり、かつ30分単位で記入できる優れもの。
万年筆で書いてもにじまないし、裏抜けしません。
今年もMONOCLE、Merci、グラン・ド・パリなど他、B6サイズは候補があります。
ただ色を考えるとグッと減るのです。
こちらはリフィルがあるので、手帳カバーをオーダーしてリフィルを使う手もあります。
ただし、商品の移り変わりがあるので来年もあるかは分からないのが難点。
現に、昨年まであったA6バーチカルのリフィルが廃番になっているようです。

ずっと使い慣れたMARK'Sは好きだけど、たまには他のも使ってみたい。
そんな気持ちで他のにも目を向けてみました。

HIGHTIDE
ここはA6にバーチカルが充実しています。
ミニットマネージャー、ミニットマネージャーEX、クラシックレコーズ、
Nahe、リフィル(NAA-TYPE)。
すっきりしたデザイン。バーチカル均等割、時間枠は7時から23時。
マンスリーとウィークリーに月の満欠表記あり。
MARK'SにA6バーチカルがなくなった今、A6ならHIGHTIDEかなと考え中。


ここから下は保留ですが、覚書まで。

DELFONICS
ここのステーショナリーは結構好きです。
カバーがナイロンでB6サイズがありましたが、デザインが好みでないのと
月の満欠表記がウィークリーのみなのかな?ということで見送りました。
バーチカルは均等割。そんなに枠は広くないけど時間枠も8時から24時まであって
なかなかイイ線いっていました。リフィル(14B-C)もあります。

高橋書店
No.358シャルム(R)8<ネイビー>B6サイズ
バーチカル均等割、時間枠は7時から22時まで惜しい!
用紙は方眼になっています。
他にマンスリーのマスに区切り線が入っているものもあります。
私はそれがどうもダメなので候補から外したらこの一冊が残りました。
マスの区切り線がなければ選択肢はもっと広がるのになぁ。
ちなみに月の満欠表記はマンスリーのみ。

王様のブランチ×ペイジェム
バーチカル均等割、時間枠は8時から23時。B6とA6サイズがあります。
カラーインデックスは見やすいし、良さ気だなと思っていたら
月の満欠表記はウィークリーのみ?のようで……。

レイメイ藤井
リフィル(RFDR1481)B6サイズ。
マンスリーが見開き4ヶ月なんです……。
バーチカル均等割、時間枠は8時から24時。
マンスリーとウィークリーに月の満欠表記あり。
あのマンスリーがねぇ。

A.P.J
GIORNIはマンスリーのマスに区切り線が引いてあるけれど……
それ以外は結構いい感じ。
マンスリーはブロックで、当・翌月カレンダー付。
ウィークリーはバーチカル均等割で、時間枠は8-24時。 
サイドに当・翌・翌々月カレンダー付。
マンスリーとウィークリーに月の満欠表記あり。
ということは、マンスリーブロックの区切り線を乗り越えられるかが分かれ道。


他にもエイ出版のESダイアリー(A6サイズ)とかもいいなぁと思ったんですが
月の満欠表記がないのと、マンスリーのマスに区切り線があるのでパス。
学研のDaily’s手帳ブルーはバーチカル均等割、時間枠7時から24時まであり
便利そうだけど月の満欠表記がないので見送ってます。

こうしてみると、どうしても月の満欠表記は欲しいらしい。
もっというならマンスリーに月の満欠表記は必須で、ウィークリーにもほしい。

そう考えると選択肢はMARK'SHIGHTIDEしかないんじゃないの?
という結論になりつつあります。


関連記事

| ステーショナリー | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT