La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

来年の手帳、ついに決着!

どれにしようかと悩んでいた手帳選び、ついに決着がつきました!
みなさま、もう予想がついていたと思いますが、来年の手帳はコチラ↓です。


2014DIARY01
左:MARK'S スライドジッパー/MONOCLE(B6変型・バーチカル)
右:HIGHTIDE NAA-TYPE リフィル(A6・バーチカル)にCREAM COMPANYの
本革カバーを装着しています。

それぞれの仕様&お気に入りのポイントは下記の通り。

MARK'S スライドジッパー/MONOCLE
サイズ:B6変型(家用)
色:綺麗なスカイブルーです♪MARK'Sさんにしてはめずらしくこんな色がありました。
カレンダー:前年・当年・翌年の3年分掲載
イヤープラン:見開きページで1年のスケジュール管理
マンスリー:ブロック、月曜始まり、月の満ち欠け表示、六曜、前月・翌月カレンダー
ウィークリー:バーチカル、時間枠は8~23時まであり30分単位で記入できる、
月の満ち欠け表示、当月・翌月カレンダー

そして、私がMARK'S DIARYを買い続けている別のポイントは……

万年筆で書いても裏抜けしない!ということ!
普段のメイン筆記具が万年筆なもんで、わざわざ手帳だけボールペンで書く
なんてことはしません。だから、万年筆で書いても裏抜けしないのはとてもありがたい。

ところが、全てのMARK'S製品が裏抜けしないわけじゃないというのを知り
ちょっとびっくりしています。
大人気商品のEDIT2014は万年筆で書いて裏抜けしたようです。
ブログ『いぶし銀の、文具とねこの日々。』のこちらのエントリーに
詳細が書いてありました。→2014年手帳・EDITを買いました!その2
どうやら2013年のEDITは裏抜けしなかったようなので、
2014年だけ裏抜けしてしまったのは残念ですね。
といっても、これはあくまで万年筆で書いた場合ですので、
たいていのボールペンなら裏抜けしないみたい。

そもそも万年筆を想定して作っている手帳が市場にどれだけあるのだろうか?


HIGHTIDENAA-TYPE リフィル
サイズ:A6(持ち歩き用)
色:リフィルなのでオフホワイトの厚紙表紙でした
カレンダー:当年・翌年の2年分掲載
マンスリー:ブロック、月曜始まり、月の満ち欠け表示、六曜、翌月カレンダー
ウィークリー:バーチカル、時間枠は7~23時まで、月の満ち欠け表示、
当月・翌月カレンダー

HIGHTIDEを使用するのは初めてなので、ドキドキしながら万年筆で試し書き。
若干にじむ、裏抜けしかけているものはありましたが、概ね良さ気。
紙は、MARK'SよりHIGHTIDEの方がも厚かったんですが……。


万年筆で裏抜けチェック!


2014DIARY02
左:MARK'S 右:HIGHTIDE NAA-TYPE A6 リフィル

試したインクは下記の通り。

PILOT:ブルー、ヴァイオレット
WATERMAN:フロリダブルー、ブラック
LAMY:ターコイズ、ブルー、レッド
SAILOR:ジェントルインク ブルー
PELIKAN:ターコイズ、ピンク
PILOT:紺碧(ボトルインク色彩雫)

紺碧以外は、全てカートリッジインクです。


2014DIARY03
MARK'S スライドジッパー/MONOCLE(B6変形・バーチカル)

裏抜けなし!
インクの乾きも早かったです。
上記のインクの中で、ちょっと危機感を感じたのは
PILOTのブルーとLAMYのレッドですが、無事でした。
ちなみにペン先はFやEFを愛用していますので、
太字かつもっとインクフローのいいもので書いた場合
この限りではないかもしれません。(参考までに)
※外国製のペン先FやEFは、日本製のペン先Mくらいあります……


2014DIARY04
HIGHTIDE NAA-TYPE リフィル(A6・バーチカル)

インクの乾きはMARK'Sと比べてちょっと遅い。
はっきり分かるダダ漏れの裏抜けはありませんが、
実は丸で囲んだ所のPILOTのブルーが、若干裏抜けしています。
そんなに気にならない程度ですし、LAMYとWATERMANが無事なら、
それで書くからいいかなと。


ひとまず、来年はこれで行ってみまーす。


関連記事

| ステーショナリー | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT