La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブックカバー

私の場合、内側を見ていく月間は細々した作業が進むと書きましたが、
書道に始まり、パールのオールノットネックレス、TALISMAN作り、お裁縫など、
手を使うものに没頭していました。

自分の内側を見ながら、作品もできていく。

なんて、ちょっと嬉しいです。
そうして出来上がったのが、こちらのブックカバー。


201311_Bookjacket
左:外ベルトタイプのブックカバー 右:差込タイプのブックカバー

読書の秋ということで、内側に目を向けつつ読書もしていたので、
布製のブックカバーを作ってみようと相成りました。

なんとなく型紙は思い浮かべられたものの、お裁縫なんて久しぶり!
私のお裁縫箱も家の中で10数年行方不明でしたし。(笑)
なかなか見つからなくてあきらめていたものを、今回見事発掘。
えーっというようなところから、出てきました。
本当に必要な時に現れるのね。

普段はどうしていたのかというと、
いつも小さなソーイングセットで事足りていたのでした。

早速、作り方をネットで検索。
これは簡単にできそうだという分かりやすいサイトに出会え、
そちらを参考にしながら手縫いでちくちくと作りました。
いやぁ~我ながら、いい感じ。
プロトタイプも含めて5つ作ったので、ずいぶん慣れました。
とくに外ベルトタイプのブックカバーは本の厚さに対応できるので便利です。
私の持っている内ベルトの布製ブックカバー(市販品)の気になっていた点も
外ベルトにすると解消され、一石二鳥でした。

そんな達成感のなかミシンが欲しくなる。(笑)
手縫いもいいけれど、ミシンでやったらもっと綺麗にできるだろうなぁと
欲が出てしまいました。



参考にさせていただいたサイト
布製ブックカバーの作り方(外ベルトタイプ
布製ブックカバーの作り方(差込タイプ)


関連記事

| DIVERTIMENTO | 09:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT