La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

趣味の文具箱 vol.28

「幸せ」ってどんな時に感じますか?

私は、美味しいものを食べると自然と笑顔になり、幸せだなと感じます。
青が好きということもあり、空や海をぼーっと眺めたりしていても幸せです。
自分だけの時間を好きなことをして過ごすのも幸せだし、
大好きな万年筆とインクで手紙をしたためたり、ノートをとるのも幸せ。

毎日、どの万年筆とインクを使おうかと選ぶのも幸せな気分にしてくれます。

「これとあれと全部揃わなきゃ幸せじゃない」という考え方をしていると
日常で幸せを感じる頻度は少ないかもしれません。

「幸せ」に共通の定義はありません。
あなたが幸せと思えることが、あなたにとっての幸せなんです。
他の人からみてささやかなことであろうと、
あなたがそれで幸せを感じれるのならいいじゃない。

私は、こんなふうに日常に散らばっている小さな幸せで元気が出ます。
ひとつひとつがささやかでも、チリも積もれば……ですよ。

あなたの幸せの定義、広げてみてください。


話は変わって、今、『君がおしえてくれたこと3』の手直し&執筆中なんですが、
自分が納得できないとOKは出せないというこだわりのもと現在泥沼にはまってます。

文章を書くとき、私の中で大方着地点が決まっていて、それにむけて書き進むのですが、
今回自分で決めた着地点が気に入らないみたいで、そこを何度も手直ししてます。
もちろん書き進むと少しずつ変わっていくこともありますが、
基本ラインの見直しを自分自身に迫られているため時間がかかっています。

大幅に遅れているにもかかわらず、
暖かく見守ってくださる読者の方より、励ましを受け本当にありがたく、
「待ってるよ」と言ってくださる方もいるなんて嬉しい限りです。

このシリーズは、心から書きたいと思えるものを書く!と決めて取り掛かったことなので、
自分に嘘がつけません。私は私らしいものが書きたいのです。

その原点に戻るアンカーが、私のテンションを上げてくれる万年筆とインク!
執筆はPCでしているんですが、プロットとかは万年筆で書いていますし、
何より書くという動作に繋がる文具ですから、インクの色を見るだけでも
楽しい気分にしてくれます。

そんな私のテンションをあげるべく、ちらっとネットをチェックしてみたら、
趣文vol.28が発売されていて、インク特集ではありませんか!
そこに私の目は釘付け!!


趣味の文具箱 28 (エイムック 2745)趣味の文具箱 28 (エイムック 2745)
(2013/12/10)

商品詳細を見る


これは買わねばと本屋へ走りました。
趣文は好きですが、本の収納スペースに限りがあるので
毎回買っているわけではございません。
見ると欲しくなるから気になる時以外チェックもしていないんです。


20140122Ink01
付録のインクカタログ

でも、インク特集号は付録のインクカタログが欲しくてほぼ買ってます。(笑)
本誌の方には、カラーチャート(色分布)も載っているので色の濃淡を比較でき
インク選びの参考になります。

それで、欲しいインクがさらに増えるんですけどね。
テンションは上がりますよ~。

カラーセラピーならぬインクセラピー♪


20140122Ink02

たとえばこのようにボトルインクも紹介されていて、インク好きにはたまりません。
別のページにはDIAMINE(ダイアミン)の色見本が載っていましたよ。
余談ですが、始めの頃DIAMINEをダミアンと勘違いして読んでいました。(笑)

キングダムノートさんが取り扱っているダイアミンは、30ml・486円とお手ごろ価格。
それはインクを増やすのはちょっと……という躊躇いをあっけなく越えて、
試してみようかと思うくらいの勢いがあります。
2月から630円に値上がりするそうなので、ワンコインで試すのは今がチャンスかも!?


……と、ひとしきりインクと万年筆で幸せを感じて執筆に向かいます。


関連記事

| ステーショナリー | 17:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT