La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MONTEVERDE PRIMA

ここのところメッセージ系の話が続いたので、ここで息抜きに参りましょう。

えっ、まだお腹いっぱいじゃない?そこは腹八分でおいといて……
私が息抜きしたいので万年筆ネタです。(^_-)-☆

MONTEVERDE PRIMA(モンデベルデ プリマ)は、前々から気になっていましたが、
当時はグリーンとタイガーアイ(オレンジ系)しかなく
「惜しいなぁ、ブルーがあったら買うかもしれないのに……」と私は思っていました。

ところが、今年の1月。
ウキウキしながら、Web版のTHE PEN CATALOGUE 2014を眺めていたら
あるじゃないですか。

MONTEVERDE PRIMAのターコイズが!

NEWの印がついているということは、最近出たのかな。
昨日の引き寄せの話じゃないですが、きっと青好きの皆さんがブルー系出せと
イメージを強く思い描いたんじゃないかと。

以前、クリアーキャンディ@SAILORのブログ記事で
自分の誕生日プレゼントとしてMONTEVERDE PRIMAを買ったと書きましたが、
THE PEN CATALOGUEをみた瞬間に「これだ!」と決めました。

といっても、私の誕生日は来月なんですけどね。(笑)


2014MONTEVERDE01
MONTEVERDE PRIMA ターコイズ

こうして我が家にやってきたMONTEVERDE PRIMA ターコイズ。
そのブルーの美しさに惚れ惚れします。

MONTEVERDEは、イタリア語で緑の山という意味ですが
アメリカのメーカーなんですよ。
(ちなみにMONTEが山、VERDEが緑という意味)

モデル名のPRIMAは一番、英語のFIRSTという意味です。
マーブル模様が1本1本違うので、同じものはありません。
それゆえ、どれにしようか悩みます。
ターコイズの模様が変わるだけで、表情が違ってきますから。


2014MONTEVERDE02
MONTEVERDE PRIMA ターコイズ

MONTEVERDE PRIMA ターコイズにコンバーターをさして、
SAILOR ご当地インク 別府Viewシリーズ タワースカイⅡを入れました。

ここで「おぉ!」と思ったことが一つ。
MONTEVERDEのコンバーターは、ねじ込み式になっていました。
これだと抜ける心配がないので安心ですね。
このタイプのコンバーターは初めて。

ペン先はF、材質はステンレス。
書き味はさらっとしていて、カリカリ感はありません。
まぁ、もう少し足すと国産の金ペンが買える値段なので、
どう思うかはその人によると思いますが。

私は色とマーブル模様が気に入ったので満足です。


2014MONTEVERDE04
SAILOR ご当地インク 別府Viewシリーズ タワースカイⅡ

右と左でインクの濃さが違いますが同じインクです。
書き始めは左のような濃い色ですが、次第に右のような鮮やかな青になります。
前にも書きましたが、タワースカイⅡはPILOT色彩雫の紺碧に近い色見で
明度というか色の方向が違う綺麗なブルーです。

今回使用したノートは、LIFE NOBLE NOTE。
もともとクリーム色なので、白い紙に筆記したのとは発色が違いますし、
写真にとってPCに載せている時点で実物の色とはちょっと違う部分があると思います。
でも、色の雰囲気はずいぶん出てるかなと。


2014MONTEVERDE03
MONTEVERDE PRIMA ターコイズ

う~ん、本当に綺麗なマーブル模様です
私、日頃から万年筆を使ってますからHappyな気分になれるように
一年頑張ったご褒美に自分で自分にプレゼント。

ご褒美って誰かにもらうばかりではありません。
自分で自分にご褒美あげてもいいんですよ。

どんなに誰かに認めてもらっていても、自分が自分を認めていない限り
心の隙間は埋まりません。本当に欲しいものは外ではなくて内にあるから。
ひとつひとつ積み木を積むように確認しながら、自分を育てていく。
私にとって自分にプレゼントを贈ることは、
自分を認める、自分を愛し慈しむことのひとつかな。


関連記事

| ステーショナリー | 13:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT