La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祐徳稲荷神社@佐賀

博多から特急かもめに乗り、電車に揺られること約1時間。


20140316_01
肥前鹿島

肥前鹿島へ到着しました。
お目当ては祐徳さんこと祐徳稲荷神社です。

祐徳さんは、肥前鹿島駅からタクシーで10分ほどのところにあります。
ちなみにタクシー料金は1500円~1700円でした。


20140316_02
鳥居

行く途中の道にあった鳥居をのぞけば、これが最初の鳥居になります。
面白いことに、行きは神橋の方へ車を寄せてくれたので神橋を通り、
帰りは仲見世のある正面境内入口から出ました。
もし、最初に正面境内入口へ行っていたら神橋は渡らなかったでしょう。


20140316_03
狛狐 

鳥居の向こうでは、狐さんがお待ちかね。
用件を伝えて、通してもらいます。

お手水で身を清めたら、いよいよ中へ。


20140316_04
楼門

艶やかで美しい楼門。
私、九州に住んでいましたが、祐徳さんは初参拝です。


20140316_05

左に見えるのが本殿、右は休憩所。

楼門をくぐると……


20140316_06
本殿

舞台にあるご本殿、その存在感に感動。
朝、早いこともあって人がいない境内は清々しいエネルギーに包まれています。
どこから昇るのかといいますと、写真左奥にある階段から。
左が昇り口、右は降り口になっています。

それにしてもこの造りは、桜の季節、紅葉の季節、本当に見ごたえがあるだろうなぁ。
階段付近には蕾をつけた桜がいたので、その景色を想像して微笑む私。

こんな綺麗な神社が佐賀にあったなんて知らなかったわ。
あっ、もしかしたら知らなかったのは私だけかもしれません。
(九州に住んでいるときは、スピとは手を切り、極力関わらないようにしていたので)
祐徳稲荷神社は、太宰府天満宮に並んで九州では有名な神社だそうです。


20140316_07
神楽殿

昇り口へ進むと、神楽殿がお目見え。
この神楽殿も素敵な感じがします。上まで昇れない方は、ここからお参り。


20140316_08
本殿

昇り階段から本殿を眺める。イイネ!


20140316_09
本殿

途中、息を切らしつつ本殿に到着。
穏やかで、やわらかい女性的なエネルギーです。

しばらくここでまったりしたい。
そんな気持ちになります。

参拝のご挨拶をして、奥の院にも行くことを伝えます。


20140316_10
本殿

色合いが鮮やかですね。


20140316_11

本殿から境内をながめると、こんな景色が見れます。


もう少しゆっくりしたいけど、体力のあるうちに奥の院へと向かいます。



癒しの旅
祐徳稲荷神社@佐賀
奥の院@祐徳稲荷神社
太宰府天満宮@福岡
天開稲荷社@太宰府天満宮

博多食道楽
とんこつラーメン@博多
安兵衛@博多
華味鳥@博多

そして…
斯々然々1
馬油@肌美和
福砂屋のカステラ
梅の実ひじき@えとや
ふぐのconfとか…
斯々然々2



☆       ☆       ☆



20140316_12
うまくいく守

こちらは本殿横で購入したなんでも「うまくいく守」
祐徳さんに行くなら、これ欲しいなと思っていたんです。
せっかくなので、奥の院へも行って一通り全てを終えてから、購入しました。

お守りのサイズは、2.5×4cmくらい(紐は含まず)。
ケータイストラップや根付として使える大きさです。

ちなみに本殿横だけでなく、階段下でも売っていましたので、
上まで昇らなくても購入できますよ。


そして、みなさまにも癒し旅のシェアをしようということで、3月17日以降

『君がおしえてくれたこと1~3』印刷版を一度に3冊以上購入してくださった方(先着3名)
対面セッションを受けられた方(先着2名)

に、お土産で買ってきた「うまくいく守」を私からプレゼントします。(色は選べません)

ご自身で身につけてもいいし、誰かにあげてもいいですよ。
どうぞお受け取りください。

きっと、必要な人に届くことになるんじゃないかな。
前回紹介したアファメーションとともに「うまくいく守」を
活用していただければと思います。


追記
4月18日をもちまして、プレゼントは終了しました。
みなさまありがとうございました。




関連記事

| 九州地方 | 14:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT