La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペンデュラムがやって来た!

先日、私の元にペンデュラムがやって来ました。
ご存知の方も多いかと思いますが、ペンデュラムとはダウジング用の振り子のこと。
水晶のポイントがついたものやアメジストなどいろいなタイプが出ていますが、
早い話、5円玉に糸を通しても代用できます。

最近では、自分の潜在意識の声を聴くツールとして知られていますが、
ペンデュラムは、水脈や金脈を発見するために使われていたりしたこともあるんですよ。

さて、このペンデュラム、不思議なご縁で私の元へやって来ました。
海外出張に行っていた私の親友が、私にプレゼントしてくれたものなんですが、
その時こう言われました。
「レイチェルのところに連れて行ってと言ってる気がして……」
「ありがとう……」

過去、3度ほど似たようなことがありました。(笑)
私の元に来たい石たちは、私の友達を介してやってくることが多いようです。

はるばる海を越えてやって来たペンデュラムの先には、モスアゲートがついています。
見た瞬間に「モスアゲートかな?」と思ったんですが、浄化の方法にも関わってくるので
家に帰って事典を引っぱり出して調べ、さらにペンデュラムに聞いたら「そうだ」という答えを
得たのでモスアゲートということに。

もっとも、その答えを聞く前に水晶ならオールマイティいけるから水晶で浄化した私です。(笑)
調べていたのは、流水や太陽がOKかどうか知りたかったんですよね。

そして、石にはよくおまけがついているレイチェルですが、
そんなご縁で私のも元へやって来たモスちゃん(仮名)の正体は……なんとユニコーン。
石にそのエネルギーが入ってるんですよ。(なんかサラリと言っちゃってますが)
手に取ったときに角みたいと思ったけれど、脳裏によぎるユニコーン像は
そういうことだったのね。

仲良くなったモスちゃんにダウジングで尋ねてみると、どうやら初めましてではなく、
過去世からの知り合いらしく、今回私のサポートをすべく、はるばる海を越えて
やって来たのです。

そこで、「仕事のサポートをしてくれるのか?」と聞くと小さく「Yes」と動きました。
おや?と思って質問をし直します。
「私の人生全般のサポートをするためにやって来た?」と聞くと大きく「Yes」と動きました。
「わぁお!ありがとね~」と私。

果たして、ユニコーンがどんな分野が得意なのか分かりませんが、
きっと必要な時にサポートしてくれるんじゃないかな。

ということで、愉快な仲間がまた一人(一頭?)増えました。


☆       ☆       ☆


ペンデュラムの使い方

1.ペンデュラムを浄化する。

2.ペンデュラムと仲良くなりましょう。
「前後に動け」「左右に動け」「左に回れ」「右に回れ」の号令をかけて試してみましょう。
あせらずのんびりやってみましょう。
なお、号令や質問は声に出しても、心の中で思ってもどちらでもお好きな方で。
ここでは仲良くなることが目的なので、少しでも動けば○としましょう。
余談ですが、私は「止まれ」も試します。

ポイントは、ぎゅっと力を入れてチェーンや紐をにぎらないようにすること。
脱力して軽くつまんでください。

3.自分にとってのYes・Noを確認しましょう。
大切なのは、どんな動きがYesであり、Noかということ。
これは人それぞれちがうので、自分のパターンを理解するのに必要です。
そこで、必ずYesとなる質問とNoとなる質問をいくつかして見極めます。
たとえば、「私の名前は○○です」「私は女(男)です」「私は○○に住んでいます」など。

ちなみにYes・Noのパターンが一つとは限りません。
Yesが前後と左回り、Noが左右と右回りもしくは不動なんてこともありますから
いろんな質問をして見極めてください。
この時、ペンデュラムの下に十字の線を書いた紙を置いて試すと分かりやすいですよ。

4.準備が整ったら、ペンデュラムに気になっていることなどを尋ねてみましょう。
質問はYes・Noで答えられるものに限ります。なので質問の仕方を工夫してください。
要点は簡潔に!短く質問した方が答えを得やすいです。
長くなりそうな時は、質問を分けてするようにしましょう。

興味がある方は、お試しあれ~♪



関連記事

| TALISMAN | 10:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT