La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

光の柱

ある時、何の気なしに別府の風景を視ていて「あっ」と思いました。

神社や自然のいわゆる聖域のような場所に光の柱が立っています。

その光の柱を目で追っていくと、そこに交わる別の光の線のようなものを発見!
これは何だと思いつつ、それを目でたどっていくと次の光の柱に続いていました。
光の柱と線が織り成すものって?

それは龍脈かな。

エネルギーのレールのようなもの。
どこから来て、どこへ行くのか。
メインのぶっといラインから枝分かれしている細いものもあります。

そんな光の柱がいっぱい立っていたんですね。
残念ながら、別府に住んでいる時には気づきませんでした。
全国あちこち旅行して、いろんな物を見聞きして、経験を積んだある時から
そんな光の柱が視えるようになりました。

大きな光の中にいると、その光の大きさは分からないかもしれないし、
あたり前すぎて視えていなかったのかもしれません。
離れてみて、初めて分かるこっとていろいろあるでしょう?

だから、数年前に帰省して自分の地元にそれを見つけたときびっくりしました。(笑)
神社や聖域は多いと思っていたけれど、こんなに光の柱が立ってたんだと。
ちなみに国内外旅行した経験から言うと、
別府だけでなく、全国、世界のあちこちに光の柱は立っていますよ。

そして光の柱を意識することなく暮らしていても、その恩恵は受けているように思います。
守られているというか、その良さはそこから離れてみないと分からないものです。
だって、それが当たり前になっているから比べようがありませんし、
大きな優しさの中に包まれていると、案外分からないものです。

もちろんあなたの側にも光の柱はあるから、わざわざ遠くへ探しに行く必要はありません。
幸せの青い鳥じゃないけど、探していると見つからないなんてことも……。

元気が欲しいとき、あなたにとっての光の柱を心にイメージしてみましょう。

好きな場所がある人はそれを思いながら。
好きな色がある人はそれをイメージしながら。
好きな曲がある人はそれを聴きながら。
心が心地よいと感じるくらい浸ってみてください。

きっと大きな暖かい光があなたを包みこんでくれることでしょう。


関連記事

| 九州地方 | 17:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT