La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サラスヴァティー

昨夜、寝入ろうとしている私の元に何かの存在を示すジクナルが。
今、コンタクトを取るべきか寝るべきか……To be or not to be状態のレイチェル。
私とじっくり向き合う静かな時間だけに寝入り端のコンタクトは多いと思われます。
ちょっと考えましたが、今回は素直に受けることにしました。

意識を集中させるとチラチラと私の後ろに姿が見え隠れしていた存在が顔を出しました。
何かの絵で見たことあるような感じだなというのが第一印象で
髪を結い上げ、何か弦楽器を持った女性の姿をしていました。
さらに集中していると「サラスヴァティー」という音が響いて来ました。

サラスヴァティー?
聞いたことあるけど、何だったけ?と、寝ボケ状態な私。(←すみません)
どうやらその存在はサラスヴァティーのよう。
そしてこう言ったのです。

「私があなたを青島神社(宮崎)へ呼びました」

鹿児島・宮崎の旅で訪れた青島神社は、
上からの再三のお声かけにより訪問したところなのです。
えっ、てことは弁才天なの?という私の問いにYESの返事。

サラスヴァティーで、弁才天?
どういうつながり?と、どこまでもボケボケな私。
詳細は、明日起きてから調べようということで、そのままお話を伺うことにしました。

一夜明けて……。

サラスヴァティーを調べてみたら、
サラスヴァティーは芸術、学問などの知を司るヒンドゥー教の女神であり、
日本では七福神の一柱の弁才天(弁財天)
というではありませんか。

サラスヴァティーで弁才天であっていたんだと大いに納得。
ちなみにサラスヴァティーは水と豊穣の女神でもあり音楽にも造詣が深いのだそう。

ということで、先日のメルマガで音楽の神様の話をしましたが、
サポートしてくれていたのはサラスヴァティーのようです。


関連記事

| スピリチュアル | 16:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT