La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年4月までのセッションご予約受付中です。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT


自分の気持ちに嘘をつき続けるのをやめる。
誰かにとってのいい人ではなくて、自分にとってのいい人になる。

その決断がなかなかできなくて……という人は多いかもしれない。

きっかけは、誰かにいい人と思われたい。嫌われたくない。相手を傷つけたくない。
という思いから、相手の望むような発言をし、生き方をする。

相手を傷つけず、自分も傷つかずにすむ方法と思って選んだことが、
結果自分の心を傷つけている。

本当の私は違う。そうじゃない。

でもそれを言えなくて、もんもんとする。
次第に本当の自分が分からなくなる。
本末転倒。
「NO」という勇気。
全てを失うかもしれないという恐怖。

それでも、自分を失うよりはマシだと気づいて。

自分の気持ちに嘘をつき続けても、幸せになれない。
心に矛盾を抱えているから、もの足りなさが残る。
充足感を得られなくて、幸せを追い求める。

人に嫌われるのを恐れる必要はない。

好きな人がいれば嫌いな人もいる。
すべての人に好かれる必要はない。
何をどうしても嫌われる時は嫌われ、好かれる時は好かれるのだ。
そこに自分の納得のいく理由なんてない。

いい人を演じるのをやめたら、すごく楽になった。

自由を得た私は一人になったけど、もう自分の心を曲げる必要はない。
それに私は結構一人が好きらしい。
その後、相手のことも尊重しあえる仲間に出会えた。
私が求めていたのはこういう場所だ。

一方的に誰かに合わせるのではなくて、お互いを思い合える関係。

決断の時、結果は見えなかった。
ただ限界を感じて自分の心に耳を傾けて
誰かの期待に応える前に自分の期待に応えてみたら、
自分の望む場所へと導いてくれた。

本当の望みを私の心だけが知っていた。

自分にとって心地よい居場所を見つけた。
私が私でいられる場所。


関連記事

| つぶやき | 14:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT