La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

力を抜く

今夜は、171年ぶりの「後(のち)の十三夜」ということらしいですが、
現在の空模様は曇り……。

「そうね、朧月夜も趣があっていいわよ」とまだ希望を抱くレイチェルです。

空とか月とか、自然のものを眺めて自分も自然の一部だと感じたりし、
自分の中の時計をリセットする。

ちょっとした時間だけど、自然と自分の対話のような、
それでいて自分自身との対話だったりする大切な時間。

セッションやお茶会でお逢いするクライアントさんは真面目な方が多いなと思います。
私も真面目なので、類は友を呼ぶ?(←これは置いといて)
真面目なことが自分自身を縛って、身動き取れなくさせていることもあるんです。
これは私も経験者だから分かります。
世の中にはもっと気楽に、力を抜いて生きている人がいます。
それでも世界はまわっています。

ある時、私は力を抜いて生きてみようと思って試してみました。
真面目な私が力を抜いても、元から力を抜いている人ほどは抜けなかったので
真面目な人がみんな力を抜いても、そんなに崩壊しないんじゃないかと思いました。
だって、どうしても力を抜けない人もいるし、急に真面目になる人もいますから
なんやかんやでバランスはとれるんじゃないかと。

真面目な方は、自分で自分を縛るルール(固定観念)をつくっていることに気づいてください。
「あれをしちゃダメだ」とか「これをしなきゃダメだ」とか。
それって本当に必要なこと?

もうこの年まで私はこれで生きてきたから、変わらないわ。
ええ、本人が変えようとしない限り変わりません。
他人がとやかく言って変えるのは至難の技です。

でも、考えてみてください。
そのマイルール、今までは必要だったかもしれないけれど、これからも必要ですか?

もし、それが自分の幸せや楽しみを奪っていると感じるのなら新しくすればいいんですよ。
自分で決めたのなら、自分で変えられます。
新しく始めることは慣れるまでに違和感があるかもしれないけれど、
毎日の歯磨きと同じように習慣になってしまうと自然と体が動くようになります。
そこまできたらしめしめです。

力を抜くって言っても何から始めていいか分からないという方、
まずは空を眺めてみませんか?

そして、ただ感じてください。

色や匂い、形や風、音。
目に見えるもの、肌で感じるもの、耳で感じるもの。
自分の五感に問いかけてくるものを感じてみましょう。


関連記事

| つぶやき | 14:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT