La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

見守り案件

5~6年前にある場所で兵士の姿をしたちょっとコワモテ男性の霊を視たときから
気になっていたんですが、どこの場所か定かではなかったこと、とくに影響はなかったので
と棚上げしていた案件がありまして……そんなことをすっり忘れてた2015年。

今年初詣にはじまり、神社めぐりしながら散歩をしていました。
普通に道を歩いていて、自らあるポイントを踏んだ感触がありました。
「ん!何だ、これ?何かの結界を踏んだぞ。しかもこの感覚はどこかで会ったヤツっぽい」
と頭をフル回転して思い出し、近くに道祖神を発見。

昔、その近くを訪れた時、コワモテの兵士の姿が大きく背後に映し出されていて
どこにいるんだろうなと思っていたけど、その場所はここだったんだね。
通り道から道祖神は隠れたところにあるし、以前視せてくれた風景が
かなり昔の様子だったため分からなかったんですよね。
しかも私地元民じゃないし。(^_^;)

年々、コワモテ兵士の姿が小さくなっていっていたのは結界が弱まっていたからなんだと
その場所を訪れて分かりました。
いったい誰が何のためにそこに結界を置いたのかは、
調べる気がないので分からないけれど、
コワモテ兵士は結界となってその場所一体を見張っています。
それが崩れてしまうにはまだ時間はかかるでしょうけど。
昔から知っている人がいなくなったり、お祀りしたりお世話をする人がいなくなると
やっぱり弱くなっていくもんだなと。

このタイミングで私が知りえたのは、場所を私に教えたかったからなんでしょうね。
まだどうするかは決めてません。ゆだねられた感じなので、今後の動き次第かな。
とりあえず、場所は確認しましたよと本人に伝えて棚上げから格上げして
見守り案件に入れました。


祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。
沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
驕れる人も久しからず、唯春の夜の夢の如し。
『平家物語』より



関連記事

| スピリチュアル | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT