La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年5月までのセッションご予約受付中です。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニマルコミュニケーションを試す

帰省で実家に帰るたびに私が試みていたことのひとつに
アニマルコミュニケーションがあります。

犬が家族にいる時は犬に、猫が家族にいる時は猫にとやってみたのですが、
個人差ならぬ個体差が結構あるなというのが私の実感。
もしかしたら、そこに相性も含まれるかもしれません。

たとえば、人間とのセッションの場合は相手が望んで受けに来てくれるわけですから、
ある程度の準備が向こうにもできていてポートが開きやすいのですが、
動物とのセッションの場合は、動物自身が望んでというより
その家族である人間が望んで受ける形になるので、
対象のポートが開くまでに時間が必要だし、そもそも興味がない場合もあるわけで、
それをその気にさせるのは大変だなと。

いろいろ試してみて分かったことは、犬は比較的ストレートに伝えてきてくれますが、
猫は人間に似た部分があり本音と建前を使い分けることがあるということ。
もしかして、自由気ままにみえるけど、猫は気を使う動物なのかな?
きっと心を許してくれたら、本音トーク全開になるんでしょうね。

犬も猫も甘えていい人とそうでない人をしっかり見分けてます。
態度もそうですが、鳴き声が違いますもん。(笑)

たとえ言葉での会話はできなくても、犬も猫も全身で喜怒哀楽を表していますから
一緒にいる家族には想いが伝わっていることでしょう。
なんたって、目は口ほどにものを言うんですから。


関連記事

| スピリチュアル | 19:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT