La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どこから来る想いなのか?

龍神がサポートに入っている人は、真面目な人が多いようですが、
完璧主義者なのか、理想と現実のギャップに悩まされたり、
自分に厳しくあったりして、なかなか自信を持てない傾向にあると言われていて……、
私もその一人です。

龍神のサポートはとってもありがたいんですよ。
でも、常にもっと先を目指すというか、出鼻をくじかれるというか、
なんかよく分からない内にすぐ否定の感情がでて、もっと突き詰めたくなるんですよね。
だから、自信なんて持ちようがない。
よし!と思った次の瞬間に、もっとこうしてと別案がでてきたりするから。

自信を持てないことに自信がある状態です。(笑)

それでもね、少しずつ積み重ねて自信に変えてきました。
全部完璧にと思うと自信なんて出ませんが、この部分には自信があるというふうに
小さく細分化して、小さい単位での自信を積み重ねてきたんです。
それは仕事だけじゃなくて私生活とか、身の回りのこととかも含めて。

究極は、

別に自信がなくても生きていけるし。


という開き直りです。

だから、そんなに問題には思っていませんが、
最近、人と関わらずに人里離れて過ごしたいという欲求がとくに強くなっていました。
もともと持っている感情なんですけど、ここに来て急に増大した気がして
想いの主が自分だけじゃないような感じだったので、
「これは何かあるだろう」と自分の過去世を覗く旅に出ることにしました。


☆       ☆       ☆


目を閉じて、想いの元に集中していると視えて来たのは修行僧。
人里離れた山奥で白装束を着て、座禅を組んで滝に打たれています。
日々、修行に励むのは、己が真理を知りたいのと悟りを開いて人々を導くためのよう。

彼から伝わってくるのは、しっかりと修行して完璧な人であろうとする姿。
自分を律するために人と関わらない。全て絶って神や仏、己と向き合う。
人々に伝えるためには、もっと完璧であらねばならないという想い。
自分に厳しいゆえに、なかなか山を降りれず、修行に夢中になりすぎて
そのまま生涯を終えたということ。

本当は学んだことを伝えるために修行していたはずが、
自分という人間と向き合った時、その未熟さや不完全さが気になって
もっと完璧でありたいという想いが絶えず沸いてきたのでしょう。
それを拭うために修行し続けて、ミイラ取りがミイラになってしまったのでした。

だから、その修行僧の想いと重なる部分にくるとスイッチが入って
ストイックに極めたくなったり、人と関わりたくなくなったりする傾向があるようです。

修行僧は志半ばで他界していますが、その人生を通して
人は不完全に思えて完全であり、完璧という一瞬を切り取ることは
難しい生き物なのだと学んだそうです。

その彼から、私へのメッセージ……


あなたはどの瞬間も
常にひらめきの中に生きているということを知りなさい。

場所は関係なく、
人生というひらめきの中にいるのだ。

学んだことは使ってこそ生きると知ったのだから、
これからは山奥から人里に降りて伝える番だよ。

学びながら使って、使いながら学ぶ。

これすなわち真なり。


自分は本末転倒してしまったが、あなたは目的を見失わないでねってことでしょう。

人と関わりたくない想いが強くなったら、スイッチ入ってるなと思い出し、リセットしますわ。

明日のミニ過去世リーディング、たとえばこんな感じです。
迷い中の方、本日17時まで受け付けております。




★6月の個人セッション、ご予約受付中です。セッションメニューはHPをご覧くださいませ。
★その他、ミニ過去世リーディングSkypeプチセッションなどのイベントもございます。
お問合せお待ちしています。


関連記事

| スピリチュアル | 14:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT