La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年5月までのセッションご予約受付中です。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつも通り

みなさまのお盆はいかがでしたか?

私はいつも通りです。(笑)
13日の朝方、私の夢に亡き弟が出てきました。
夢じゃなくても普段からコンタクトとったりして側にいるのに、
お盆にまで出てくるなんて、なんて律儀なヤツ。
それよりも両親の夢に出てあげてよと思うのだけど、こればかりは仕方ない。

そして16日には再び亡き弟が夢に出てきてご挨拶。
頼まれていた事は相手に伝えたけれど、
絶対あんたが相手の夢に出た方が効果的と思う姉でした。

ああ、もどかしい。
あっちとこっちの回線つないで、夢で会わすってことができないかな。
それができたら一番いいのにな。

そんなことを思っていたら、17日の朝方見た夢で私は金縛りにあっていました。
場面は実家の私の部屋。ベッドでまどろんでいた私は体が動かなくなり、
「あっ、金縛り?」と思ったけれど、ガラガラガラとドアが開く音を聴いて「これは夢だ」と知る。
だって私の部屋のドアは引き戸じゃないからそんな音はしません。

現実と夢の区別をつける方法は、違和感。
すごーく現実っぽい夢なんだけど何か違和感があるところを探す(気づく)こと。
これは明晰夢を区別する方法として練習したことがいきているかな。

そんなふうに夢の中で金縛りにあってるんだと冷静に考えている自分が面白くて、
もう少し夢に付き合ってみることにした私。
そこへ金色に光る粒子をまとった人が近づいて、私のベッドの横に座った。
全身が光ってて、誰だか分からない。
不思議な感じがしたが嫌な感じはしないし、眠いのと体が動かないもどかしさに
「これ夢だから、そのまま寝ていよう」と決断を下す。

子どもの頃に比べたら、えらく神経図太くなってるんじゃないか。(笑)

繊細すぎても身をやつすだけだから、適度に開き直るのが一番と人生で学んだのよ。
もし、子どもの頃の私に夢で会えたら教えてあげよう。

そんなことを考えながら、それぞれのお盆は終わった。


関連記事

| つぶやき | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT