La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜空を見上げて

ふたご座流星群は夜空に雲がかかって見れなかったけれど、
19日の上弦の月、すごく透明感があって綺麗だったな。

冬の空は空気が澄んでいるから、いつもより映える気がする。

上弦の月の龍の舞ヒーリングは、「静かに燃ゆる」がテーマになっていました。
動いてないように見えても背後で刻々と時は刻まれていて、
私たちはその中を生きている。

これは正月明けくらいまで、本当にじんわりと続く時間みたい。

私はお互いの領域というのを大切にしたいと思う。
それは友達や家族だけでなく、視えない世界にも共通のことで、
それぞれの領域を尊重したいから、近づき過ぎないように気をつけている。

気をつけていても、
悪気なく何かをきっかけにパっとその領域に飛び込んで、
たまに踏み越えている時はあるわけで、もちろんその後は反省する。
そんなやりとりを手探りで繰り返しながら、お互いの境界線のようなものが
出来上がっていく。

たしかにそんなやりとりは面倒くさくて、まどろっこしいし、
時には誰かを傷つけてしまったり、自分も傷つくこともあるかもしれない。
それが嫌で殻に閉じこもってみても……、
待ってばかりじゃ何も進展しないんだよなと気づいて、また動き出す。

休みながら動く。
動きながら休む。

相手の領域を大切にしたい。
自分の領域も大切にしたい。

そして、お互いに分かり合いたい。



関連記事

| つぶやき | 22:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT