La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年6月までのセッションご予約受付中です。

6月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。

なお、ネット回線切り替えのため、
6月1日~7日は休業日とさせていただきます。
セッション受付、お問い合せなどへの対応は、8日以降となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍ちゃんズと行くパワースポットめぐり&龍の宴@府中 ←お申込み受付中!
 
2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れてた

パワースポットの記事の地方ごとにまとめてみたら、
UPしたと思っていた四国の記事がない。
あんなに感動したのにどうして?
それに近畿の記事も少ない。(←京都だけでもかなりの数あるのに)

なんでだっけ?と思い出していくと、
その多くは写真がたくさんあって選びきれず、そのまま月日が流れて
今に至るパターンだった。(←ありがち?)

なかには、こういうものもありましたが……↓

載せたい写真ではあるけれど、人が写りこんでいるのでボツにしたもの。
良い写真だけど、スピ的に載せられないもの。
ゲートがつながっちゃってるもの。(←自主規制でこれはボツ)
なんとなく写真が落ち着くのを待っていたもの。

ここで「写真が落ち着くのを待っていた」って何?と思う人もいるかもしれないので補足。
私に限ったことかどうかは分からないけれど、
撮ったばかりはエネルギーもほやほやのままそこに凝縮されていて
良くも悪くもエネルギッシュなのです。
それでも問題なしというのがほとんどなんだけれど、
稀にどっちに転ぶか現時点では分からないというのが存在していて
判断に迷うものは安全策としてボツにして寝かせることにしています。
そして、そのまま忘れること多数。(笑)

ゲートがつながっちゃってるというのは、文字通りあちらとこちらのゲートです。
たいていそういう時はその場所に結界(ガード)が施されてあるんだけれど、
これも時と共に薄れてガードがきかなくなっているものもあるので、
そういうときはボツですな。私がかけなおすのも面倒だし。
だからガードがきいているものは、OKしてるものもありますわ。

良い写真だけど、スピ的に載せられないもの、というのは、
これは私にはどうしょうもないです。ガイド的にNGなの。
載せようとしても何が何でもUPできないから。
世の中には知らなくてもいいこと、知らない方がいいこと、というのがあって
例えそれが良いことであってもそういうものらしい。
知る時が来れば自ずと知るから、それを知らせる必要がないとのこと。

前回の龍の宴で「ネットやTVを通してエネルギーは伝わるか」という質問がありましたが、
「伝わりますよ」というのが私の見解です。

メールも文字を通して、ネットやTVは言動、写真、動画を通して……。
皆さんが思っている以上に言霊や感情のエネルギーというのは伝わるものです。
場にもエネルギーがあるぐらいですから。
なんといってもエネルギーは時間の概念を超越していますから、瞬時に伝わることも可能。

我々はエネルギーの交差点に立っているような感じ?
自分がブレでないときは全然影響も受けません。
誰だって抵抗力が落ちている時に風邪を引くでしょう?
あれと同じで、弱った時にはじめて影響を受けることもある。
抵抗力落ちても風邪引く人とそうでない人がいるように
みんながみんな影響を受けるわけではありません。
だから、気にしすぎる必要はないし、自分で好き好んで巻き込まれない限り
向こうからやってくることは稀です。

日々、自分の言葉や行動には気をつけること。

それが自分でできるエネルギーに対する抵抗力のつけ方です。
自分が心地よく過ごせるように、自分の周りの人と心地よく過ごせるように
環境を整える。その蓄積が力を与えてくれる。

今回、サーバー内を振り返ってみたら写真がうまいこと落ち着いて
載せられるようになったものと元々載せられるけど忘れていたものがあったので
気が向いたらUPするかも!?


関連記事

| スピリチュアル | 11:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT