La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

似たもの同士


20160115似たもの同士

後ろから見ると似たもの同士の三匹。
柄は似てても、この三匹に血縁関係はございません。
どうやって見分けるかというと、体の大きさやシッポの太さ、毛の長さです。

ツンデレ姫:アネゴと同じくらいの背格好だけど、少し大きく見えるのは長毛種のため。
アネゴ:一番の古株。短毛種。座る角度によっては脇の白い部分が見えることもアリ。
甥っ子:三匹の中では一番体が大きい。立派なシッポ。長毛種

そろいも揃ってみんな黒白。
シルバーグレーのキジ(サバトラ、グレートラ)やアメショーが好きな私としては、
選べるのならそっちの方が良かったけれど、イラストを描くのは黒白の方が楽だな。

和やかなムードがただよっているけれど、みんな野良猫出身の保護猫。
犬と暮らしている時は、我が家に猫はほとんど寄り付かなかった。
そうやって治安は保たれてきたのだが、犬がこの世を去ってからというもの
どこで聞きつけたのか我が物顔で猫たちが庭に出入りするようになり……

アネゴが犬のいなくなった心の隙間を埋めたのは事実。
その他大勢の猫達が弟の亡き後、両親を癒してくれたのも事実。

そんな流れから、保護して避妊・去勢手術を受けさせて今に至る。
アネゴは初めから人懐こかったそうだが、他のはシャーと威嚇していた子たち。
時間をかけて信頼関係を築いたので、呼べは来るし、触ることもできるけど、
やっぱり猫は猫なのよ。距離の取り方が犬とは違う。人くさい生き物です。

そして、可愛いだけじゃ飼えないのが生き物だと思う。
粗相もすれば、ごはんや病院、トイレの世話など裏方仕事もいっぱいある。
そういう見えない部分に努力したり、苦労したりというスパイスがつめこまれている。
シビアな話をすれば、育てるにはお金もかかるし、何よりそこには命が宿っているから
育てる者には責任が伴うのです。

さてさて、そんな猫たちに指令を出しました。

「世の中には宝くじを当てる猫がいるそうじゃないか。
一宿一飯の恩という言葉を知っているか?
そろそろ、それを果たす時が来たんじゃないの?
自分たちの食い扶ちを稼ぐ為にも宝くじを当ててくれ!」

と。

そうしたら、冒頭のイラストのような状態になりました。
さしずめ「しばらく旅に出るにゃ~」ってことかしら。




logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング
★スピリチュアルヒーリング
など、お問合せ受付中♪

関連記事

| 動物たちとの日常 | 12:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT