La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年10月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。




★龍の宴

2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mishima Sky Walk@三島

リフレッシュの旅の最後は、三島スカイウォークへ。


201603_SW01

新しくオープンした三島スカイウォークは、長さが日本一の吊橋です。
あれ?と思った方、はい、それまでは大分県にある九重夢大吊橋
長さ・高さ共に日本一を誇っていました。

後から生まれるものが先に生まれたものを抜いていくのは理でもあるので、
致し方のないことですし、先に生まれたものがあるからこそ、
それを目標に後から生まれたものは進化していくんじゃないでしょうか。

それでも、やはりちょっと気になって調べてみたら
スカイウォークに長さを10m抜かれたけれど、
九重夢大吊橋は高さが日本一の大吊橋として今も健在でした。

ということで、またいつか抜かれる日は来るだろうけれど、
仲良く両者で日本一を分け合っている状態です。


201603_SW02

全体像はこんな感じ。
まだ新しいので、木々を伐採したあとがちょっと痛々しいですが。
しばらくしたら、木や花が育つと思うので雰囲気も変わってくるんじゃないかな。

そして、三島スカイウォークのウリは長さだけではなく、吊橋から富士山が見えること!
立地による景観が、一番のウリなんですよね。

そう、確かに晴れた日には富士山が見えます。(えっ、何か含みを感じるって?)


201603_SW03

では、渡っていきましょう。
吊橋の幅も1.6mあり、車イスでも通行可能とのこと。
渡り始めはそうでもないですが、真ん中に近づくにつれ結構揺れを感じます。


201603_SW04

はい、左手には富士山が……見えるかな?
ちょっと霞がかかっていて見えづらいですけど、丸で囲んで所に富士山があります。
ちなみにこの写真はトーン&色を調整しています。
そのままでは分からなかったので。

青空が広がる日は、とても綺麗な景色だろうと思うのですよ。

残念ながら、この日は全体的に霞がかかっていまして、
目視でなんとか見えるかなという感じでした。


201603_SW05

案内板を見つけたので、三島スカイウォークの名誉のためにも
晴れた日にはこのような景色が広がっているということをお知らせしておきます。
背景って大事よね。


201603_SW06

霞んでいるけど、懲りずに富士山のアップ写真も撮っていた私。
やっぱりそのままでは分かりづらいので、トーン&色を調整しました。


201603_SW07
北ゲートより

橋を渡りきった北ゲートからスカイウォークを撮影。


201603_SW08

北ゲートには森の散策コースがあって、ここがなかなかいい感じですよ。
山の気を感じる場所で、とても心地が良いです。


201603_SW09

散策コースの一角にflower dropという場所がありまして、
間伐材に花の種を貼り付けた木製チャームが販売されています。
自分でひとつ選ぶ木製チャームの裏にはメッセージが書かれているので、
まさにおみくじのような感じですね。

私の選んだ木製チャームの裏には……『SUN 太陽 キラキラ輝こう!』
書いてありました。

その瞬間、タロットカードのSUNのイメージが私の頭の中に流れ込んできて
これからのことに対して大きな後押しをもらったような心強さでした。

この木製チャームは持ち帰っても良し、吊橋から下に投げて花を咲かせるのも良しと
なっています。そんなわけで、吊橋の下には木製チャームが点々としていました。
そのうち綺麗な花が吊橋から眺められるようになるんじゃないかな。

もちろん、私の花もね。



logo1_LSDA

★遠隔セッション
★スピリチュアルリーディング
★オーラリーディング、過去世リーディング、パワーアニマルリーディング
★スピリチュアルヒーリング、龍の舞ヒーリング
など。

関連記事

| 中部地方 | 15:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT