La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年7月までのセッションご予約受付中です。

7月は遠隔ならびにSkypeのみの受付となります。


☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

証明する?

「感じる」ということ。

子供の頃はみんな自然にしていることだと思うんですが、
「考えて行動しなさい」と教えられ、経験で学んでいくうちに
考えることの方が優先度が高くなっていきがちです。

すると感じたことよりも考えたことの方に価値があるんじゃないかと
思うようになります。

実際には「感じること」と「考えること」、そのどちらも大切なんですけど。

現代の風潮だと「考えること」の方が重要視されがちだから、
考えてから言葉にしていると、感じたことは説明しにくいことも多々あり
どんどん後回しになっていき結局表現せずに終わるということもあります。

そうすると日の目を見なかった感覚がくすぶって、
チリも積もれば何とやらで詰まっていきます。

だから時々、そのつまりを流してあげる。

それがアウトプットすることでもあるんですが、体のコリがほぐれるように感覚も楽になれる。
思考優位の状態から感覚にバトンを渡して感じたことを表現するんです。
方法は自分ができることで、たとえば日記を書くというのもひとつだし、
歌を歌うでも演奏するでも踊るでもいいから内から外へ出していく。

元々感覚派な私ですが、論理的に考えて行動しろと言われ続けてきたので
一生懸命自分なりに考えた結果、感覚を押し込めて考えて行動してきたんですね。
でも、やっぱり感覚も大切よねと気づいて生き方を変えたんだけど、
そのクセがまだ抜けない。
根が真面目だから切り替えにまごつくこともある。(←自分で言うなって?)

感覚優位になると思考が顔を出し、思考優位になると感覚が顔を出す。

これって見方を変えると、自分なりのバランスを学んでいるんじゃないかな。
人にどういわれても納得しないのは、どこかで自分を信じいてるから。
それにこのバランスは人によって違うから自分で試していくしかないというのもありますが。
そうやってジタバタしつつも前にすすんでいるはずだから、
いいのよ、それで。

Everything is OK.

今朝、瞑想している時にガイドからもらったメッセージは
『幸せになる方法を幾通りも試している』でした。

ええ、そうでしょうとも。
昔、友達とこれまでの人生についていろいろ話し合った時に
「なんか本やドラマになりそうなくらいいろいろあるね」と言われたことがあります。
結構、友達曰く凝縮されている人生のようです。

寄り道しつつ宝探しみたく、アイテムを集めてゴールする気でいるんでしょう。
宝探しは大好きさ。
わくわく感がたまらないもの。

それで幸せになる人が増えるのなら、幸せになる方法は人の数だけ存在するということを
証明するのも楽しいだろう。




logo1_LSDA


関連記事

| つぶやき | 16:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT