La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

滞在者

GWが始まったあたりから、何やら異変を感じていたのだけど
いつものごとく「気のせいだろっ」と思い気にもとめてなかった私。
だけどあまりにオカシイので、ある日の午後、鏡を通して自分を視てみたら
お客様がいらしていた。

時々やってくるアセンデットマスターや女神とは違ったエネルギーで
もちろん自分の守護霊や守護神でもない方々。
はて?どこかであった気もするけど、どこだっけ・・・みたいな。
それも私のエネルギーとは違うタイプだったので、眠いやら、体力使うやらで
なんだかんだ言ってエネルギーの消費が激しくてかなり過酷な一週間。

やっとこさ、それぞれのお社にお帰りになり、日常を取り戻したレイチェル。
何でもそれぞれの社が取り込み中だったらしく、その退避先として白羽の矢が立ったみたいです。
たぶん一斉に来られたら、さすがにすぐ気づいたけど、一人?ずつひっそりとやって来たので分かりませんでした。普段いちいち気にとめてないからね。

お帰りになった社をみて、どこから来たのかのなぞは解け、確かに知ってるといえば知ってるし、私と関係なくもないが・・・、こんなことはあり得るのかと自問自答。
そもそも私の範疇なんて知れてるし、それを軽く越えられる方々ばかりなので「ありえないなんてことはない」のだけど、心構えがあるのとないのじゃ違うから事前に一言教えてくれてもいいやんと思っていたら、どうも私の守護神と密約があったぽい。

えぇ、本人の了承なしかいっ
言うと私が断るのが目に見えてるから言わなかったのと何事も経験から学ばせようという親心でほたられていたようです。
でも体力半端ないくらい消耗するんで、私を依り代にするのはやめようよ。
依り代はやらないって、私前言ったよねぇ。
いや、まぁもちろん守護神がヘルプを引き受けてくれていたんですが
こちとら生身の人間だよ~
せめて家にあるクラスターとかにしてくれれば良かったのに。

毎度のことながら、うちのラスボスは・・・。


関連記事

| スピリチュアル | 15:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT