La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏は、夜。月の頃はさらなり。

今日は山羊座の満月。

昨日、窓から満ちていく月を眺めながら、にんまりしていました。
子どもの頃から月や星が好きで、夜空を見ていました。そのくせ星座名とかにはうといです。たぶん、あまり私にとって重要視していないからだと思います。それよりは、見て、感じて受取ったものをつむいでいくということを大切にしてきました。

それが私の感性であり個性。

また星座名を知ることで広がる幅もあるでしょう。
興味を持ったときが学び時という考えなのでムリに覚えようという気がなかったのです。もちろんギリシャ神話やローマ神話などの星座にまつわる話も好きですが、それよりもただ星を見ることが好きだっただけ。

今でも忘れられないのは、12年ほど前、海外のビーチでみた満天の星空。
友人に案内され、真っ暗な台湾・緑島のビーチに寝そべって夜空を見上げると、そこには天に散りばめられた降るような星が煌めいていました。月明かり以外、光はありません。今までも草原で星を見たことはありましたが、こんなにたくさんの星を見たのは初めてで、しかも天の川までもはっきりと見え、まるで自分が宇宙にいるような感覚になりました。

何も考えず、自然に任せてただぼーっと星を眺める。
それは「無」の感覚。
まだあれを越える星空に出逢えていません。

今夜は満月を眺めながら「無」にひたってみたいと思います。


☆お知らせ☆
7月27日(水)、8月10日(水) レイチェルのお茶会@渋谷


関連記事

| つぶやき | 17:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT