La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お彼岸

地元にいた頃、橋のたもとに美味しい和菓子屋さんがありました。
おばあさんと孫または姪と思われる二人の女性が切り盛りしている小さなお店です。小学校の頃からそこのおはぎが大好きで事ある毎に通い詰めていました。

いつもそこで私が買うのは、こしあんのおはぎ。
わたくし、おはぎにはこだわりがありまして...こしあん派です。
ただし、きなこの場合は中に入るアンはつぶあんと決まっています。(笑)
わかりにくいこだわりですが、譲れません。

なんと言ってもそこのおはぎのこしあんの塩加減はすばらしい!!
甘いだけでなくしょっぱいアン。だからなんぼでもいける。
直径5cmくらいのおはぎをいつも5個は食べていました。
胸焼けしないのかって?大丈夫でしたよ。
おはぎのベースになっているうるち米ともち米の比率、水加減がまた絶妙でしたもん。

こんなに美味しいおはぎはないよね~。と言いつつよく食べたものです。
当時1個50円でしたので、自分へのご褒美にと10個買って食べたこともあります。さすがに甘いだけだとそんなには食べれませんが、あのしょっぱさもあるアンだからこそ食べれたんだと思います。

時の流れには逆らえず、私が高校生くらいの時にそのお店のおばあさんが亡くなり、こしあんおはぎがメニューから消えました。あの味はおばあさんだけが知るレシピだったようです。

今でも時々思い出します。
一口食べたときに口の中に広がるこしあんの風味。
もう絶品です!!!

ちょうどお彼岸ということもあり、あの「おはぎ」が食べたくなりました。
どこかに似た味ないかしら・・・。


関連記事

| つぶやき | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT