La sabbia d'argento ~銀の砂~

我が道を行くレイチェルのスピリチュアルな日々



現在、2017年8月までのセッションご予約受付中です。




☆       ☆       ☆


旅人が宿で疲れた体を休めてから、

また旅に出るように。


私たちにも、

ほっと一息ついて、

考える時間が必要な時があります。



La sabbia d'argentoでは、

そんな想いのもと

「あなたがあなたらしく生きる」ための

スピリチュアルセッションを提供しています。


logo1_LSDA

★セッション情報はHPをご覧くださいませ。


セッションは遠隔・メール・skype・skyphoneでも行っていますので、
遠方の方もお気軽にお問い合せください。





2012dragon_kyoto


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒエラポリス-パムッカレ1@トルコ

エフェソスに別れを告げ、内陸部へやって来ました。



大きな地図で見る

ユネスコの世界遺産(複合遺産)にも登録されているヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部のデニズリ県にあります。


201108_Turkey_49
ヒエラポリスの遺跡

ヒエラポリスは、パムッカレの石灰棚を望む丘の上に紀元前190年頃ペルガモン王エウメネス2世によって建造された古代都市の遺跡。
ここは古代ローマ帝国時代の温泉保養地でもありました。


201108_Turkey_50

パムッカレはトルコ語で「綿の城」という意味で、かつて綿の産地であったことに由来しています。


201108_Turkey_51
ヒエラポリスの遺跡


201108_Turkey_52

パムッカレの石灰棚はこんな感じです。
現在では景観保護のため立ち入れる石灰棚は限られており、遊歩道を歩きながら楽しむ感じです。
一部の石灰棚には入れるので、もちろん水着をきて入ってもOKですよ。
ただ、そんなに深くはありません。私が入ったところは、膝下くらいでした。


201108_Turkey_53

流れているのは温泉水です。
ちなみに色が変わっているところは滑るので要注意。
ここは裸足でしか歩けませんので、靴・サンダルは脱いで手荷物で持ち運ぶ必要があります。
私は、水濡れ厳禁のデジイチをもっていたので、そりゃあもうドキドキでした。


トルコの旅
赤い河@トルコ
飛んでイスタンブール@トルコ
マルマラ海にて@トルコ
トロイ(Truva)@トルコ
エピソード1@トルコ
エーゲ海@トルコ
車窓から1@トルコ
エフェソス1@トルコ
エフェソス2@トルコ
エフェソス3@トルコ
エフェソス4@トルコ
エフェソス5@トルコ
エフェソス6@トルコ
エピソード2@トルコ
車窓から2@トルコ
ヒエラポリス-パムッカレ1@トルコ 
ヒエラポリス-パムッカレ2@トルコ
コンヤ@トルコ
カッパドキア1@トルコ
カッパドキア2@トルコ
カッパドキア3@トルコ
カッパドキア4@トルコ
カッパドキア5@トルコ
カッパドキア6@トルコ
カッパドキア7@トルコ
カッパドキア8@トルコ
カッパドキア9@トルコ
車窓から3@トルコ
アヤ・ソフィア1@イスタンブール
アヤ・ソフィア2@イスタンブール
バシリカ・シスタン (地下宮殿)@イスタンブール
スルタン・アフメット・ジャーミィ@イスタンブール
トプカプ宮殿1@イスタンブール
トプカプ宮殿2@イスタンブール
ボスポラス海峡クルーズ@イスタンブール
エピソード3@トルコ

関連記事

| 海外パワースポット | 21:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT